IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

天然ガスは脱炭素でも主役になる

---------
国内資源の開発前倒しへ 経産省、脱炭素に備え
2021年2月15日
経済産業省は国内の資源開発の時期を前倒しする。メタンハイドレートは2027年度としている商業化に向けた事業開始を早める方向だ。水素やアンモニアといった使用時に二酸化炭素(CO2)を出さない脱炭素燃料の実用化を見据え、原料となる天然ガスを国内でも確保できる体制づくりを急ぐ。