IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です


天然ガス:フリーポートの危機が長引く中、新たなLNG生産能力を確保

フリーポートLNG危機を背景に、シェニエールはコーパス・クリスティLNG施設の現在の生産能力に年間1000万トンの液化天然ガスを追加する最終投資決定に至った。

この拡張工事は2025年末までに完了し、米国内の液化天然ガス(LNG)輸出能力は現在のに日量130億立方フィート(13bcf/d)から2026年末までに日量220億立方フィート(22bcf/d)超に拡大する予定である。