IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

1,本日の日経新聞で、ブラックストーンの役員さんの
見解が述べられていた。
曰く、今のアメリカ株は、非常に高い水準にある。10%くらいの
下落は、いつ起きてもおかしくない。きっかけは、FRBの
テーパリングが想定される。
また、FRBの予想に反して、インフレが起きた場合、10年ものの
国債の利回りが1.3%→2%を超えた場合も、株価下落が
起きる。
2,このため、客には、現金を増やす+株とは違う動きをするリートや、
住宅債権に投資することを勧めている。
割安な日本株に投資することも有望
という話でした。

*現在は、現金を重視し、勤倹貯蓄に励む。1年くらいたって
MSCI-KOKUSAIが下落し、魅力的な益回りなったら、
買い足そうと考えています。
このトビの皆さんの、ご意見は如何でしょうか??