ここから本文です
  • >>202

    <原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果たすと表明
    10/23(火) 11:59配信

     [シンガポール 23日 ロイター] - アジア時間の原油先物はほぼ横ばい。イラン産原油取引を巡る米国の制裁発動を来月に控え、警戒感が漂う中、サウジアラビアがエネルギー市場で「責任のある役割」を果たすと表明した。

    0120GMT(日本時間午前10時20分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.04ドル高の1バレル=79.87ドル。

    米WTI原油先物<CLc1>は0.05ドル高の1バレル=69.41ドル。

    サウジのファリハ・エネルギー相は22日、西側の石油消費国に対し、1973年のような石油禁輸措置を取る意向はないとし、原油は政治とは別物との考えを示した。>

    サウジ政府が”身内の不祥事”で「原油生産政策を変える」ことは有り得ない。