IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アジア株市況-上海株は3日続落 石油株や石炭株に売り

 アジア株は総じて軟調。上海総合指数は3日続落。商品市況の下落を受け、石油や石炭など資源関連株が売られた。また米連邦通信委員会が26日、通信大手チャイナ・テレコムの米国事業免許を安全保障上の理由から取り消すと発表し、米中関係悪化への警戒感も重荷となった。
 台湾加権指数指数は4日ぶり反落。時価総額上位銘柄の半導体大手TSMCが下落したほか、前日に決算発表を行った同業のUMCが大幅安となり、指数を押し下げた。