IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

米国株、ダウ反落し223ドル安 利益確定売り 5カ月連続の上昇

2020/9/1 火曜日 5:35

8月31日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反落した。前週末比223ドル82セント(0.8%)安の2万8430ドル05セントで終えた。ダウ平均は8月に入り2000ドル超上昇しており、月内最終売買日ということもあって、利益確定の売りが優勢だった。足元で上昇していた景気敏感株を中心に利益確定や持ち高調整の売りが優勢だった。

ダウ平均は5カ月連続で上昇した。8月は7.6%上昇し、8月の上昇率としては1984年以来、36年ぶりの大きさだった。

8月に入って前週末までに1割強上昇していた映画・娯楽のウォルト・ディズニー、航空機のボーイング、工業製品・事務用品のスリーエム、化学のダウへの売りが目立った。前週末まで指数への影響度が最大だったアップルが株式分割により、影響度が低下したことも指数の下落につながったとの見方がある。

米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が31日の講演で、前週にFRBが発表した新指針では「低失業率だけでは政策変更の理由にはならない」との見解を示した。ゼロ金利政策の長期化観測が強まり、米長期金利が低下した。利ざや悪化懸念も金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスの重荷となった。

中国政府によるハイテクなどの技術輸出の規制強化を受け、中国企業の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却交渉の不透明感が意識された。買収交渉を進めていたソフトウエアのマイクロソフトと小売りのウォルマートが売られたのもダウ平均を押し下げた。

一方、31日から株式分割後の株価で取引が始まったスマートフォンのアップルは3%高となり、ダウ平均を下支えした。31日からダウ平均の構成銘柄になったバイオ製薬のアムジェンと顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムは上昇した。一方、機械のハネウェル・インターナショナルは下落した。

1571 - (NEXT FUNDS)日経平均インバース上場投信 米国株、ダウ反落し223ドル安 利益確定売り 5カ月連続の上昇   2020/9/1 火曜日 5:3