ここから本文です

12月の中旬までにはわかるが、もし戻りに限界があるとするなら、来年にはもう一度かなりの下げに見舞われる。
それを見て手をすかすか、我慢して乗り越えるかが、年末に求められるかもしれませんね。
まあ、長期的にはずっと先NKの23000円とか28000、それ以上の方向に行くだろうけど。