ここから本文です

私が書いたさっきの裁定買い残の数字が間違っていました。投稿内容は消しましたが、念のため正しい数値を書いておきます。

2019年10月25日 売り1兆3686億円 買い5729億円

つまり、まだ、売りが8000億円超過しています。株価がこんなに上がったのに、まだ売り残の多さ、買い残の少なさです。
株数にしても、

2019年11月1日 売り5億1694万株 買い2億5446万株

すごいことですなあ。まずいなあ。毎日空売り玉の評価損が増えている私としたら。
9月からの変化を見ると、この売り残、買い残の差は解消に向かっているようです(9月初めは売りが2兆円を超えていて、買いは3720億円でした。)が、8000億円、株で2億5千万株の売り超過を解消するにはまだかかりそうですね。
日経平均2万5千円あるのだろうか、と急に不安になってきました。株価の上げの割には買い玉が増えていないし、金額もそんなに多くはないです。
経験的には、この誰が見ても上がりそうな、アナリストがこぞって強気になりそうな時、売り方が不安な時こそ売りなんですけど。