IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

サマーラリーVS CPIショック

今回は米国蓄財率最大、実体経済へ莫大な
マネーが向かっていく。企業にも恩恵だか
物価上昇にも強い追い風。ワクワクの夏👒

物価上昇で景気腰折れも

もともと米国人は世界有数の消費好きです。ワクチン接種の進展で一気に膨らんだ消費意欲は爆発的な需要を生み出す可能性もあります。

その恩恵は外出を伴う消費に関連する銘柄だけでなく、小売りや日用品メーカーなど幅広い業種に及ぶでしょう。そうなればサマーラリーが到来するはずです。

もっとも、消費主導の景気拡大に冷や水を浴びせそうな要因もあります。それは物価の上昇です。代表的な指標である米CPI(消費者物価指数)を見ると、今年4月は前年同月比4.2%上昇と記録的な伸びになりました。

幅広い商品やサービスで価格が上昇しており、それが消費抑制につながる可能性もあります。物価の上昇は続くのか。米景気や米国株相場の先行きを占う上で、物価の動向も注視していくことが必要です。

1552 - 国際のETF VIX短期先物指数 サマーラリーVS CPIショック  今回は米国蓄財率最大、実体経済へ莫大な マネーが向かっていく。企