IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

150兆円の資金注入は、びびりました。
frbの資産総額は、400兆円か300兆円かそれぐらいだったと思いましたので、
国債を担保にかすんでしょうが、
別にかえってこなくても、担保を取ればいいだけなので、
実質の量的緩和とみてもいいのでは

観光業が大打撃を受けるようですが、
観光業は観光業で、必至で、除染するのでは。

重症患者の治療薬頼みですが、
トランプ大統領と安倍首相の会見で、その質問が一切なかったので、
かん口令が敷かれているのではと思いました。

どのみち、量的緩和の資金の行方が怖いです。

安倍首相は、なんとか、感染の広がりを抑えて、
治療薬を待ちたいといってましたが、
いったい、既存の薬でいけるのか、それとも、新薬を作らないといけないのか
全然わかりませんが、
中国、イタリアで、薬が試されると思うのですが、
その結果如何ですね。

本来なら、金融危機の後に、量的緩和を始めるのが普通だったと思うのですが、
前倒しで始めてしまったという印象なのですが

というわけで、今回は、コロナが広がって、
観光業、外食、サプライチェーンがだめになる企業がつぶれまくって、
金融危機になるというそういうシナリオは、
たぶん、量的緩和などで阻止されるのではという予想です。

ただ、金融危機はいずれ起こるとは思います。
今回は、阻止されたと思います。
上場企業の業績は、下方修正、減配が連発して、
観光関係は特にがたがたになるであろうとみられるので、大型の
倒産も起こるだろうとおもいますが。
コロナで、銀行が倒産するのは、あまりに酷だということで阻止されるのでは
ないでしょうか。

という予想です。