IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アベノミクス以降に入ってきた人たちの多くは
余りにもプラスの口座ばかり見ていたからなのでしょうか
含み損に耐えられない人が多い印象ですよね。
ツイート見てもそんな印象を受けます。
なので現バリュエーションからの(PBRとか)
押しで買い増す人が多いですよね。

もう株価的にはコロナの影響とかではなくて
OPEC周辺の協調決裂から始まった
原油価格→大手金融機関への疑心暗鬼→特に米レバ系投資家(HF)、
中でも一番要注意なのが大手金融機関の別部隊的な
簿外系ハイテクレバファンド(2008年は住宅ローン)ですよね。

相場歴の長い人ならある程度
同じような連想されているんじゃないでしょうか?

世界的な債務残高でまずは、
どこに?どのように?飛び火し、
そしてどの程度金融市場に影響力するのか?
全く想像できなくなっていますよね。

機関の逃げ場を作るだけの中央銀行の買い支えは
もう効果なしでしょうから
世界的にしばらくは株価を支える政策は尽きたと思われるので
信用買いの本格的な決済と、債務処理、

その後、投資家にとっては
個別企業の優劣を判断しなければならない数年に成りそうですよね

それにしても
相場観を語る人はヤフ板では減りましたよね~
(独自論でも自由な書き込みは許されるはず)

自身にとっての備忘録であり
気ままな相場観です。

すいません。