ここから本文です

>>58

感染者数等のデーターが公表されてますけど、基準が曖昧(バラバラ)ですね。おかげでか、湖北省のデータとそれ以外ってのが極端な差があっったりして。
湖北省のデータを見ると、オッソロしい疫病ですが、湖北省を除くと単なるインフルエンザの親玉かなって感じですもね。
例えば、感染者数で、湖北省に次ぐ2位の広東省、3位の浙江省のデータでは、現時点で
広東省
感染者数 1,219人
死者     1人
回復    275人
浙江省
感染者数 1,131人
死者     0人
回復   321人

インフルエンザよりもマシってな感じです。両方を合わせるとexitベース[死者数/(死者数+回復者数)]での死亡率は0.17%[1/(1+275+321)]ってとこですから、今アメリカで流行っているインフルエンザよりましかなって感じですね。
ところが、湖北省は;-
感染者数 33,366人
死者 1,068人
回復 2,668人

ですと、exitベースでの死亡率って28.6%でとんでもない疫病なんですよね。恐らく、感染者数のカウント自体が湖北省とその他では全く異なるのかもね。湖北省って重症化した患者くらいしか感染者として把握できていないようですね。検査能力の制約もありますし。重症化するのって精々数%程度でしょうか。

あと1週間ほどすると、中国以外の国々のexitベースでのdataが統計的に有為の数に達するはずですので、それから判断すると実態がほぼ分かるかもしれませんね。

60歳未満で特に健康上問題がなのなら、寝ていれば自然治癒するはずですね。