ここから本文です

様々な企業がFIT制度の恩恵を受けているようですね。
例えば多摩川HD(6838)の決算説明会資料なんか見ると、再エネ発電会社かなって思えるような感じで、太陽光等エネルギー関連の記述が中心になっちゃってます。かなり積極的に太陽光発電に投資しているようで、「固定資産の設備装置および運搬具」が
17/3 1,321百万円(取得価額 1,541)
18/3 5,016百万円(5,392)

と急増してます。18年3月期の売上が32億の会社にしては大胆な投資ですね。
最近は小型風力(19.5㎾)にも積極的に投資しようとしているようで、買取価格が高かった時のFIT権を50基分購入してます。「営業権」として資産に計上されてますが、18/3末は208百万円ですねので、1MW(19.5KW*50基)あたり2億円ってとこでしょうか。

いろんな企業が参入してくれたものです。
太陽光保有ランキング(2017年末)
1 オリックス株式会社 520.0MW
2 SBエナジー株式会社 390.0
3 三井物産株式会社 336.6
4 株式会社NTTファシリティーズ 265.3
5 Equis Energy 249.9
6 株式会社ユーラスエナジーホールディングス 247.5
7 ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社 196.3
8 京セラTCLソーラー合同会社 166.9
9 カナディアンソーラージャパン株式会社 163.0
10 スパークスアセットマネジメント株式会社 157.1