IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ロイターより
米国太陽光エネルギー産業協会(SEIA)が16日公表した報告書によると、米国内の太陽光発電設備容量は2030年までに現在の4倍に増える見通し。昨年末の税額控除の延長と再生可能エネルギー需要の拡大が寄与すると予想している。
報告書はウッドマッケンジーと共同でまとめた。これによると、2030 年までの10年間に設備容量は324ギガワット増える見通し。20年までに導入済みの設備容量は約100ギガワット。
324ギガワットは全米の世帯の約4割に相当する約6000万世帯の電力需要を満たすのに十分な量。
太陽光による電力は、温暖化ガス削減目標の達成を目指す電力会社や企業からの需要が増えると同時に、関連技術のコスト低下により家庭用太陽光発電の市場が拡大してきた。
ただ、米国内の電力に太陽光発電が占める割合は3%にとどまっており、SEIAは向こう10年でこれを20%に増やしたい考え。

昨年1年間に導入された太陽光発電設備の容量は前年比43%増の19.2ギガワットと、過去最高を更新。家庭用の新規設備容量は新型コロナウイルス流行の影響で4─6月期に落ち込んだが、通年では11%増の3.1ギガワットと、過去最高を記録した。
米議会は昨年末に太陽光発電設備に対する26%の税額控除を延長。SEIAはさらなる税優遇策と海外から輸入する太陽光パネルの関税撤廃、太陽光関連の職業訓練が国内の温暖化ガス排出削減に必要だと強調し