ここから本文です

中国株は7/9(木)から、示し合わせたように全銘柄急騰しているが、
この不自然な上げは政府が各企業に自社株買いを強要したためだろう。
短期的には上昇するが、買い支え資金も無尽蔵にあるわけではない。
現在、中国株に投入されている資金は、買い支え金と
短期で儲けようとする投機家が大半だろう;

上海総合4000P以上はバブル相場圏であり、
今後、5000P以上の成長を続けていくと予想する
長期投資家がいない以上、かつてのような全体の8割以上の
個人投資家の参入は期待できない><

買い支え金が尽きてから、適正価格帯(3000~3500P)
に調整していくものと推測します^^