ここから本文です

あんさん、自爆の説を、思わず言てますやねん。「今までよりは、純資産とのかい離が縮小することが予想される」っちゃあ、この1319は「乖離の拡大や縮小を巡る思惑」という要素でも投資機会がある、ってことを認めてますやん(インサイダー取引、って批判してる点からも、そう言えまんねん)。

「乖離が縮小すると思って買い、拡大すると思って売る、という投資をする投資家」が現にいる以上、「償還することがすべての投資家にとって利益となる」という詭弁は成り立ちまへん。「そういう投資家は全員、牢屋に入れるべきだ」(=存在自体を許さない。よってその者は「すべての投資家」に含まれない)と思う前に、あんさんの「乖離がないところで迂闊に買うてしもうて、乖離が生じたから青い顔」という自分の不勉強さ加減を反省しなされ。

イギリスのインベストメントトラストでは、「乖離の拡大や縮小は、それ自体、投資家にリスクを1つ加えるものである」と解説してまんがな。AICTのホームページなどでも見て、もうちと修行しなされ。