ここから本文です

今週の日経平均は4月24日の年初来高値22362.92円を見据える展開となりそうだ。13日にかけて日経平均は9連騰で上昇幅は1368円となり、22000円大台復帰の達成感が生じてもおかしくない。また、22000円台は価格帯別出来高などから見て、売りも出やすいゾーンだ。秋分の日による3連休(21日から23日)や日米で金融イベントが控えることもあって、基本的には連騰後のもみあい商状が見込まれる。