ここから本文です

>>922

日韓併合前の朝鮮では日本と全く異なり女性は
奴隷同然で何の権利も与えられていなかった。
結婚すれば家屋内奴隷として扱われ、それは余りに過酷だった。
それ以下だったのは、奴婢・白丁と言われた本物の奴隷たちである。
1871~2年の大飢饉では、人口の半分を占めた奴婢らの多くが、
餓死したが朝鮮を支配していた両班(ヤンバン)たちは、
奴婢たちの死に行くのを全く歯牙にもかけなかった。
この様な非人道的制度を一気に改善し、
想像を絶した朝鮮の近代化を行なったのが、
日韓合邦の歴史的事実である。