ここから本文です

>>198

香港の現状は極めて由々しき事態です。
先週から今週にかけてはかなり厳しい状況です。
香港中文大学と、香港理工大学に警官隊が突入した。
そのやり方として催涙弾に謎の物質が含んでいて、
皮膚がただれるだけではなくて、体調が悪くなったり、
気管支がやられたり、内臓もやられたり、
それを使って突入している。

香港中文大学の攻防の目的は、
香港中文大学が巨大サーバーのネットワークの元であったため
それを奪取するためだと言われている。
そこで学生達はものすごい抵抗をした。
夜中にも炎の中で攻防があったが、朝方になると警察側が引いた。
なぜ引いたかというと、学生達が集団自決する情報が流れたからです。
実際、香港理工大学もそうですが、学生達は遺書を書いている。
このままでは明日がなくなる、自由・人権・民主がなくなる
つまり自分達の将来がない。