IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クチコミ投稿ガイドライン

私たちは、すべての人のお金の悩みに答えるために、
本当に信頼できる比較メディアづくりを目指しています。

私たちのメディアで掲載している金融領域のサービスは、人それぞれの状態(利用金額や資産、信用情報、社会的立場など)によって受けられるサービスが変わることがあります。クチコミ機能は、実際に各金融機関を使った人にその情報を体験として投稿いただくことで、その情報を求めている誰かに届けることを目的としています。ご利用にあたっては、こうした趣旨をご理解いただいたうえでのご参加をお願いいたします。

投稿できる情報は、投稿者自身の実際の体験に基づくものに限ります。禁止事項にあたる情報は、掲載された後でも予告なく削除する可能性があります。不適切だと思われる投稿があった場合は、報告機能をご利用ください。

当サービスのご利用状況の表示について

投稿者がお申し込み時にYahoo! JAPAN IDにログインしており、当サービスからお申し込みしたことを確認できた投稿には、下記のマーク(※)を表示しています。なお、個別の審査状況・借入内容等についてはYahoo! JAPANは関知しておりません。
※表示例: 当サービスから申し込み

禁止事項について

有益な情報提供のために、以下の事項の掲載を禁止しています。またYahoo! JAPANの利用規約 に定める各条項が適用されますので、クチコミ機能をご利用いただく際には必ずお読みくださいますようお願いいたします。

吹き出しのアイコン

投稿者自身の体験に基づかない投稿(うわさや他人の体験談を含む)

投稿できる情報は「投稿者自身の実際の体験に基づくもの」に限っているため、関係ない内容は掲載しかねます。金融領域のサービスは人によって利用する状況が異なります。投稿者自身の体験を投稿いただくことでこそ、そのサービスを使ったことのない人からも有益な情報になると考えます。また、明らかな虚偽とわかる内容や、うわさのような具体的な根拠のない投稿も掲載できません。

※掲載できない例

  • ・自分の友人がこの企業を使った時に、こうだったと言っていた。
  • ・ネットによると、この企業の社長はよくないうわさがあるようだ。
ナイフのアイコン

誹謗(ひぼう)中傷など他人を攻撃したり、傷つける内容の投稿

いやがらせ、悪口、脅しなど、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるような投稿を行うことは禁止しています。
相手が著名人や企業、団体の場合も、根拠のない批判や度を過ぎた批判を行った場合、名誉毀損や侮辱に該当する可能性があります。氏名や法人名を伏せ字にしていても、名誉毀損が成立する場合もあります。
このような内容の投稿をした場合、ほかの参加者を不快にさせるだけでなく、投稿した本人が民事上あるいは刑事上の責任を追及される可能性があります。

木槌のアイコン

社会規範および公序良俗、法令に反する内容の投稿

社会通念上、わいせつ、不愉快だと感じる可能性のある内容の投稿、またはこれらの内容を含むウェブページのURLを掲載することは禁止しています。
なお、わいせつな内容の投稿は、刑事罰の対象になる場合もあります。
また法令違反や犯罪行為の誘発・実行を暗示させるような内容の投稿も禁止しています。

メガホンのアイコン

商業目的や広告目的、告発目的の投稿

クチコミ機能を前述の目的以外で利用することは禁止しています。
下記のような利用は、商業目的や広告目的・告発の利用であると判断する場合があります。

  • ・Yahoo! JAPAN内で提供するサービスへのリンクを除き、商品の売買や金銭授受を目的とした利用
  • ・商品・サービスを提供する事業者が、自らまたは第三者に依頼して、当該商品・サービスの内容や取引条件について、当該の商品・サービスの紹介や勧誘、宣伝を繰り返す態様の利用
  • ・企業の不正などの内部告発を目的とした投稿
木槌のアイコン

個人を特定できる情報の投稿

ご自身のものであるか他人のものであるかを問わず、個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)の公開は禁止しています。
他人の名前、住所、電話番号、メールアドレス、IPアドレス、口座番号、自動車のナンバーなど、個人情報やそれに準ずる情報の公開はプライバシー侵害の観点から不法行為に該当し、民事上の責任を追及される場合もあります。ご注意ください。

鉛筆と定規のアイコン

無断で著作物を公開するなど、第三者の知的財産権を侵害する投稿

無断で著作物を公開するなど第三者の知的財産権を侵害することは禁止しています。

吹き出しと禁止マークのアイコン

クチコミ機能の趣旨に沿わない投稿

質問内容に沿っていない投稿、記号や絵文字を多用するなど読みづらい内容、意味をなさない文章、読み手が不快に感じる表現を含む情報を掲載することは禁止しています。

禁止マークのアイコン

そのほか、不適切とYahoo! JAPANが判断するもの

このページに記載されていない行為でも、Yahoo! JAPANが不適切だと判断した場合、なんらかの措置を行う可能性があります。

投稿者はヤフー株式会社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したものとみなします。
なお、投稿者は著作権・著作者人格権を行使しないものとします。

以上

2020年7月30日改定
2020年6月18日制定