IDでもっと便利に新規取得

ログイン

30万借りるなら銀行と消費者金融どっち? おすすめカードローン紹介

30万円借りるなら銀行? 消費者金融?

「引っ越しの初期費用が足りない」「医療費を支払いたい」「就職活動の費用を準備したい」など、20~30万円のまとまったお金が必要になったときや、手元にまとまったお金がなくなったときに困る場合もあるのではないでしょうか。


数千円~数万円なら家族や友達など身近な人に借りられる場合もありますが、30万円という金額になると、すぐに貸してもらえるとは限りません。クレジットカードを利用することもひとつの方法ですが、現金払いや振込みが必要な場合は、カードローンなどでお金を借り入れて支払うという選択もあります。


カードローンで30万円を借り入れること自体は可能です。ただし、借り入れには借入先ごとの利用条件や審査があるため、すべての人が借りられるわけではありません。また、いざカードローンを利用しようと思っても「どう選べばいいのか分からない」「どこで借りても同じなのでは」と悩む人もいるかと思います。


どこから借り入れをしても同じように見えがちですが、利用条件や金利、申込みから借り入れまでにかかる日数など、それぞれに違いがあります。


この記事では、「銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い」や「金利によって支払利息はどれくらい違うか」など、カードローンを利用するために事前に知っておきたいポイントを解説します。独自基準による、おすすめのカードローンも紹介していますので、自分に合った借入先を選ぶ際の参考にしてください。


なお、各カードローンは調査時点の情報に基づいて紹介しています。申込時には必ず各カードローンの公式サイトで最新情報を確認してください。

カードローンで30万円借りるには

財布を眺めている女性

出典元:shutterstock

カードローンの申込みでは、「いくら借りたいか(借入希望額)」を聞かれます。ただしその額はあくまでも希望額であって、実際に借りられる金額ではありません。借入可能額は各カードローン会社が独自に基準を設けている審査によって決められます。申込者の返済能力や信用情報をもとに審査が行われます。

申込者の希望が30万円の借り入れでも、まず審査を通過しなければカードローンは利用できません。審査結果によっては、希望する借入額の30万円に満たない金額での借り入れ(利用限度額)が設定されることもあります。

カードローンの利用条件や審査内容は金融会社ごとに違いますが、次の3つのポイントは審査通過のためには基本的には必要です。

  • 安定した収入があること
  • 借入総額が年収の3分の1を超えないこと
  • 信用情報に傷がついていないこと

それぞれ説明します。


条件1|安定した収入があること

カードローンでお金を借りる場合、どの金融機関でも「安定した収入がある」ことを条件としています。「安定した収入」は一般的に収入の大小よりも「毎月継続的に収入があるか」という安定性を重視されます。

アルバイト、パートでも継続的な収入を得ていると認められれば利用可能なカードローンはあります。継続的に安定した収入があり、年齢制限などのカードローンごとに定められている基準を満たしていれば学生でも借り入れできる場合もあります。

しかし、「安定した収入があること」が重視されているため、「現在働いていない」「収入が極端に少なくなるときがある」などの場合は、審査の通過が難しくなります。そのため、収入のない専業主婦は借り入れの申込みすらできないことが一般的です。例外として配偶者に安定的な収入があれば利用できるカードローンもあります。

「安定した収入」以外にも、「年齢」や「保証会社の保証を受けられるか」など、金融機関ごとに利用条件がありますので、借り入れを検討しているカードローン会社の公式サイトなどでよく確認してください。


条件2|借入総額が年収の3分の1を超えないこと

安定した収入があればカードローンを利用できる可能性は高いですが、誰でも際限なくお金を借りられるわけではありません。

特に消費者金融や信販会社など貸金業者のカードローンでは、法律で「年収の3分の1を超える貸し付けを原則禁止」にしています。これは「総量規制」と呼ばれる、貸金業者の過度な貸し付けを防ぐためのルールです。複数の借り入れがある場合、その総額で年収3分の1を超えることはできません。たとえば年収が300万円の人は、100万円が貸金業者から借りられる法律上の上限になります。

ただしこれはあくまでも法律上の上限です。審査の結果、借り入れ可能額はそれよりも低い額になることもあります。総量規制は過度な借り入れを防ぎ、利用者を守るために設けられたルールです。

貸金業者に該当しない銀行や信用金庫などのカードローンは総量規制の対象にはなりません。しかし、各行が独自の基準で上限額を設けていたり、総量規制と同様の基準で制限していたりします。銀行カードローンの場合でも年収の3分の1程度を上限と考えておく必要があります。

また、カードローンをはじめて利用する場合は特に、「お金を借りて問題なく返済した」という実績がないため、借入可能枠は総量規制の限度額よりも低い金額に設定されることが一般的です。必ずしも総量規制の最大まで借り入れができるわけではないことも覚えておきましょう。


条件3|信用情報に傷がついていないこと

カードローンの審査には、信用情報機関に登録されている「信用情報」が使われます。

信用情報とはクレジットカードやローンなどの利用に関する情報です。契約内容や返済履歴、借入残高などの情報が含まれています。カードローン会社は信用情報機関にこれらの情報を照会することで、申込者の返済能力に問題がないかを判断します。

「カードの支払いを3ヵ月延滞した」「債務整理を行った」などの金融事故があった場合、一定期間、信用情報に記録が残ります。そこから「返済能力に疑問がある」と判断されれば、審査の通過が難しくなります。

カードローンで30万円借りるには、上記に記載したとおり「返済能力」「信用」といった判断材料をもとに、「年収と申込者の希望借入額が見合っているか」を審査し、「返済能力がある」と認められなければなりません。借入先を検討するのと同時に、これらの条件をしっかり確認しておきましょう。


銀行カードローンと消費者金融のカードローンを比較

透明な瓶にコインをいれている男性

出典元:shutterstock

カードローンは、基本的に無担保で借り入れが可能で、使いみちが限定されない自由度の高い融資です。

さまざまな金融機関がカードローンを提供していますが、この記事では銀行や信用金庫などが提供している「銀行カードローン」と、消費者金融など賃金業者が提供している「消費者金融カードローン」の2つに分けて、それぞれの特徴を紹介します。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
メリット 比較的金利が低い 最短で即日融資が可能
デメリット 即日融資は不可 金利が高め

銀行カードローンは、消費者金融カードローンに比べ金利が低く設定されている商品が多く、低金利で利用できます。金利が低ければ低いほど、支払利息や返済総額を抑えられ、負担を小さくできます。

一方で銀行は申込みから借り入れまでに数日かかり、審査期間が長い傾向があります。すぐにお金を借りる必要がある場合は、審査期間が短い消費者金融カードローンが選択肢になります。

消費者金融カードローンは、銀行カードローンと比べて金利が高めの設定になっていますが、最短で申込みをしたその日に融資を受けられるという「早さ」が大きな魅力です。「今すぐお金が必要」「どうしても急ぎで用意したい」といった場合に、心強い味方となってくれます。

では次に「金利の高さ、低さ」が、支払利息や返済総額にどういった影響を与えるのか具体例で確認してみましょう。


低金利でお金を借りるなら、「銀行カードローン」

まずは、銀行カードローンの金利を比較してみます。

▼銀行カードローン金利の比較表

 金利(実質年率)     限度額   
住信SBIネット銀行
カードローン
<スタンダードコース>
8.99%~14.79%
<プレミアムコース>
1.59%~7.99%
<スタンダードコース>
8.99%~14.79%
<プレミアムコース>
10万円~1,200万円
オリックス銀行
カードローン
1.7%~17.8% 最高800万円
(10万円単位)
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
1.59%~18.0% 最高1,000万円
ソニー銀行
カードローン
2.5%~13.8% 10万円~800万円

※2020年1月30日現在

どの銀行を見ても「2.5%~13.8%」のように金利に幅がありますが、これは借りる人の借入限度額に応じて、適用される金利が変わるためです。借入限度額と適用金利は審査後に各カードローン会社が決めますが、基本的には借入限度額が高いほど金利は低く、借入限度額が低いほど高い金利が設定されます。

たとえばソニー銀行カードローンでは、下記のように考えられます。

  • 利用限度額が上限の800万円に設定された場合は、最低金利の2.5%で借りられる可能性が高い
  • 利用限度額が下限の10万円に設定された場合は、最高金利の13.8%が適用される可能性が高い

借入希望額が30万円の場合、利用限度額もそれに近い金額が設定されると考えられるので、どのカードローン会社でも最高金利が適用される可能性が高くなります。金利に着目してカードローン会社を比較する場合は、最高金利で考えるようにしましょう。

一般的に、銀行カードローンの最高金利は14.0%~15.0%前後で設定されています。消費者金融カードローンの平均的な最高金利である18.0%と比べると、銀行カードローンの金利は低めです。金利の低さを重視するなら、消費者金融カードローンより銀行カードローンでの借り入れがおすすめです。

ただし、銀行カードローン各社でも設定金利、利用限度額などが異なりますので、申込時は複数のカードローンを比較して選びましょう。


すぐにお金を借りたいなら「消費者金融カードローン」

次に、消費者金融カードローンの金利と借入限度額を見ていきましょう。

▼消費者金融カードローンの金利比較

 金利(実質年率)     限度額   
プロミス
「フリーキャッシング」
4.5%~17.8% 500万円まで
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル
「キャッシングローン」
3.0%~18.0% 800万円以内
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円

※2020年1月30日現在

上記にあげた消費者金融カードローンの上限金利は18.0%で、銀行カードローンと比べ高くなっています。

一方で申込みから借り入れまでの期間が短く、銀行よりも早く借りられることが消費者金融の強みです。最短で即日融資が可能なカードローンもあるので、融資までのスピードを重視する場合には消費者金融カードローンの利用がおすすめです。


30万借りる場合の利息を比較

家の模型と、パーセントの模型がはかりにのっている

出典元:shutterstock

ここでは、30万円を借りる場合に支払う利息はどれくらいなのか、具体例で計算してみましょう。

銀行カードローンは三菱UFJ銀行「バンクイック」、消費者金融カードローンはアイフル「キャッシングローン」を例として支払利息総額を比べてみます。

比較している利息や返済金額などは、実際の支払金額と異なる場合があります。あくまでも目安として参考にしてください。

▼利息を比較するカードローンの借入条件

<銀行カードローン>
三菱UFJ銀行「バンクイック」
借入金額:30万円
適用金利:年14.6%
返済期間:12ヵ月、36ヵ月
<消費者金融カードローン>
アイフル「キャッシングローン」
借入金額:30万円
適用金利:年18.0%
返済期間:12ヵ月、36ヵ月

それぞれのカードローンから、上記の条件で借り入れた際に発生する支払利息は次のとおりです。

▼銀行カードローンと消費者金融カードローンで30万借りた場合の利息

 利率(年)   12回払いの 
 利息総額 
 36回払いの 
 利息総額 
【銀行】
三菱UFJ銀行
「バンクイック」
14.6% 24,245円 72,256円
【消費者金融】
アイフル
「キャッシングローン」
18.0% 29,545円 88,664円

※利率は利用限度額などによって異なる
※2020年1月30日現在のシミュレーション結果

カードローンの利息の計算方法

借入残高(元金)×利率÷365日×借入日数=支払利息

上記の計算方法で計算した結果を見比べてみると、同じ30万円の借り入れでも適用される金利によって支払利息に大きな差があることが分かります。

また「借入日数」を掛けて支払利息が決まるため、返済期間が長くなれば支払利息が増えることも顕著です。返済期間が長ければ毎月の支払い金額、負担は抑えられますが、支払う金額の総額で考えた場合、支払利息が大きく膨らみ返済総額も増えます。

返済総額を増やさないために、カードローンでお金を借りるときはなるべく低い金利で借り、可能な限り早く返済することが大切です。各カードローン会社の公式サイトの返済シミュレーションを利用して、返済総額や支払期間、月々の支払額のバランスなど、借入前にしっかり確認しておきましょう。

利息を含めた返済総額をできる限り抑えたい場合は、消費者金融カードローンよりも低金利の銀行カードローンを検討したり、返済期間を短くしたりするなどの対策をしましょう。


カードローンの支払利息を減らして、返済総額をおさえるポイント

明細用紙を見ているカップル

出典元:shutterstock

いざというとき役立つカードローンですが、毎月設定された金利に応じて利息を支払わなければいけません。利息が増えれば結果的に返済総額も増えます。できる限り支払利息を減らして、カードローンの返済総額をおさえるポイントを紹介します。


カードローンの繰り上げ返済や一括返済を活用しよう

カードローンで借りたお金は毎月(または指定のサイクルで)返済していきます。月々、遅れずにきちんと返済するのはもちろんのこと、お金に余裕のあるときは「繰り上げ返済」や「一括返済」も活用しましょう。

繰り上げ返済とは、毎月返す「約定返済」とは別に、毎月の返済金額に追加で返済をすることです。繰り上げ返済した金額は元金の返済に充てられるので、借入残高を一気に減らして、返済期間を短くすることも可能です。

「ボーナスが出たら多めに返す」「今月は生活費に余裕があるので、いつもの返済とは別に少しだけ返済する」など、コツコツと追加の支払いを積み重ねていけば、元金を早く減らせます。支払期間も短くなり、結果として返済総額を減らすことができるのです。

また繰り上げ返済とは別に、借入残高が少なくなってきた場合や臨時収入などで完済できそうな場合には、一括返済をおすすめします。一括返済とは借入残高と利息をすべてまとめて一括で返済することです。支払利息を抑えられ、月々の返済から早く解放されます。

ただし、一括返済にはある程度まとまった金額が必要になるため、余裕を持ってタイミングよく行いましょう。たとえば数ヵ月先に子供の入学金を払う必要がある、引っ越しを予定しているなど、先々の支出も考慮して返済計画を立てることが必要です。

繰り上げ返済や一括返済はカードローンの返済総額を減らせる大きな利点がありますが、あくまでも資金に余裕のあるときの手段として考えましょう。


無利息サービスのあるカードローンを検討しよう

カードローンによっては、一定期間「利息0円」で利用できる無利息サービスが用意されています。利用するには条件がありますが、上手に活用すれば支払利息を抑えることができます。無利息期間中に完済できれば、利息0円での借り入れも可能です。

無利息サービスの利用条件は、提供しているカードローン会社ごとに異なりますが、「はじめて利用する人」を対象としている場合がほとんどです。ただし無利息期間の終了後は、借入残高に通常利息が適用されるため、注意してください。


30万円借りたい人におすすめ、ネット銀行カードローン

パソコンを見ながら電話をかけている女性

出典元:shutterstock

ここでは30万円借りたい人におすすめのネット銀行カードローンを3つ紹介します。ネット銀行は店舗窓口など対面の場所を持たず、インターネット上の取引を中心として営業している銀行です。ネット銀行のカードローンは、銀行カードローンの中でも低金利な傾向にあり、無利息サービスを提供している商品もあります。

  • ソニー銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」
  • 楽天銀行スーパーローン

それでは基本情報や特徴などを個別に見ていきましょう。


ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンは、金利が2.5%~13.8%と比較的低く設定されています。金利が低いため、消費者金融のカードローンと比べて、支払利息を抑えることが可能です。

▼ソニー銀行カードローンの基本情報

利用条件 ・申込時の年齢が満20歳~64歳
・原則、安定した収入がある人
・日本国籍、または外国籍で永住権がある
・保証会社(アコム株式会社)の保証が受けられる
・ソニー銀行の円普通預金口座を持っている(同時申込可)
※パート、アルバイト、自営業でも利用可
限度額 10万円~800万円
金利 2.5%~13.8%
借入方法 ・ATM
・インターネット(ソニー銀行円普通預金口座への入金のみ)
返済方法 <約定返済>
・口座自動引き落とし(ソニー銀行の円普通預金口座のみ)
<随時返済>
・ATM(元金の返済のみ。全額返済は不可)
・インターネット(専用サイト)

※2020年1月30日現在


契約時の利用限度額が30万円の場合、金利は上限の13.8%が適用される可能性が高いです。ですがこの金利は、他の銀行カードローンと比較しても低い金利となっています。30万円以上の利用限度額で審査に通れば、さらに低い金利が適用される可能性もあります。

365日24時間コンビニATMから借り入れが可能で、月4回まではATMが無料で利用できます(月5回目以降の借り入れには、1回につき手数料110円がかかります)。

ATMを利用する際は、借入回数や各ATMの利用手数料を確認するようにしましょう。なお、ソニー銀行の口座を持っていなくても、カードローンの申込み、仮審査を受けることは可能です。ただし、実際にソニー銀行カードローンを利用する際は普通預金口座の開設が必要になります。


ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」

ジャパンネット銀行では、はじめて利用する人で一定条件を満たせば、30日間の無利息サービスを受けられます。たとえ無利息期間中に完済できなくても、30日分の利息はかからないため、その分返済総額を低く抑えることが可能です。

▼ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」の基本情報

利用条件 ・申込時の年齢が満20歳~69歳まで
・仕事をしていて安定した収入がある人
・ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っている人(同時申込可)
・保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人
※借り入れは満73歳となる誕生月の翌月1日まで。以降、新規借入は不可
※本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば申込可
限度額 最高1,000万円
金利 1.59%~18.0%
借入方法 ・口座振込(ジャパンネット銀行の普通預金口座のみ)
・自動融資
・振込時自動借入
返済方法 <約定返済>
・口座自動引き落とし(ジャパンネット銀行の普通預金口座のみ)
<追加返済>
・ATM
・インターネットバンキング(専用サイトのみ)

※2020年1月30日現在

ジャパンネット銀行は無利息サービスを利用できる点が大きなメリットですが、他のネット銀行に比べて上限金利は18.0%と高めです。契約時の利用限度額が100万円未満の場合、適用される金利は18.0%になる可能性が高いです。

支払利息を少しでも減らすには、「返済期間を短くして早めの完済をめざす」「無利息サービスを活用する」など工夫をするようにしましょう。無利息サービスの対象であれば、上手に活用することで他社のネット銀行よりも返済総額を抑えられる可能性があります。


楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンもジャパンネット銀行と同様に、無利息サービスの利用が可能です。楽天銀行の口座を持っていない人でも、口座を開設することなくカードローンを利用できますが、無利息サービスを利用するには新規での楽天銀行口座の開設が必要です。

▼楽天銀行スーパーローンの基本情報

利用条件 ・満20歳~62歳
・安定した定期収入がある人または専業主婦
・日本国内に居住している人
(外国籍の場合は永住権または特別永住権が必要)
※パート、アルバイト、専業主婦の場合は満60歳以下
※学生でも毎月安定した定期収入があれば申込可
限度額 800万円(10万円単位)
※専業主婦の場合、最高でも50万円まで
金利 1.9%~14.5%
※MYONEネット特約会員の場合は、0.4%引き下げ(ただし現在は特約会員の申込不可)
借入方法 ・提携CD、ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・インターネット(ペイジー)
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月30日現在

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%と、低金利であることが魅力です。借入金額が100万円未満の場合は基本的に14.5%の金利が適用されますので、30万円借りたい場合の金利も14.5%になると考えてよいでしょう。

また一定条件を満たしていれば、30日間の無利息サービスが利用できます。条件は「楽天銀行の普通預金口座を新規で開設」「楽天銀行スーパーローンの申込み」を同時に行った人です。楽天銀行スーパーローンの無利息サービスを利用したい場合は、申込前に適用条件、サービス内容などをよく確認するようにしましょう。


すぐに30万円借りたい人向け! 即日融資可能なカードローンを紹介

11時55分の時計

出典元:shutterstock

金利の面では銀行カードローンが低い傾向にあり魅力的ですが、スピーディーな融資に重点を置くのであれば、銀行よりも審査が早く、即日融資も可能な消費者金融カードローンがおすすめです。

ここでは、即日融資が可能な5つの消費者金融カードローンについて、それぞれの金利や利用限度額、特徴などを紹介します。

まずは、即日融資可能な5つのカードローンを金利(限度額)や無利息サービスの有無で比較してみましょう。

▼最短即日融資に対応している主なカードローン

金利(限度額) 無利息期間
SMBCモビット 3.0%~18.0%
(1万円~800万円)
なし
プロミス
「フリーキャッシング」
4.5%~17.8%
(500万円まで)
初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要
アイフル
「キャッシングローン」
3.0%~18.0%
(800万円まで)
初回契約日の翌日から30日間
アコム 3.0%~18.0%
(1万円~800万円)
初回契約日の翌日から30日間
レイクALSA 4.5%~18.0%
(1万円~500万円)
・初回契約日の翌日から30日間
・初回契約日の翌日から60日間
※契約額は1万円~200万円。Web申込限定
・初回契約日の翌日から180日間
※契約額は1万円~200万円。借入額のうち5万円まで適用

※2020年1月30日現在

各カードローンの金利や無利息サービスの内容はさまざまです。消費者金融カードローンの上限金利はどれもほぼ横並びですが、上記の中ではプロミスがわずかに低いことが分かります。

金利の上限、下限ともに高いレイクALSAですが、無利息サービスが3種類から選べるという、他社にはないメリットがあります。金利、利用限度額、無利息サービスの有無など、さまざまな角度で比較した上で自分に最適なカードローンを選んでください。

それではそれぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。


SMBCモビット「カードローン」

SMBCモビットではPCやスマートフォンから申込後、フリーコール経由でサポートセンターに連絡すれば、優先的に審査を行ってもらえます。融資を急ぐ人にもおすすめです。

平日午後2時50分までに手続きが終了すれば、当日中の振込での借り入れも可能です。金融機関によっては24時間いつでも入金されます。

▼SMBCモビットの基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・安定した収入がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・口座自動引き落とし
・口座振込
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月30日現在

SMBCモビットのカードローンは、満20歳以上でアルバイトやパートによる安定した収入があれば学生でも申込みができます。

三井住友銀行ATMを利用すれば、借り入れ、返済ともに手数料無料です。また口座振込での借り入れの場合も、手数料は一切かかりません。三井住友銀行以外の提携ATMの利用や、SMBCモビットの指定する返済口座への振り込みには、取引金額に応じた手数料が発生します。少しでも手数料を抑えたい人は、あらかじめ利用するATMや銀行振込における手数料を確認しておきましょう。


プロミス「フリーキャッシング」

プロミスのフリーキャッシングは、Web上からの申込みなら最短30分で審査が完了します。契約申込みの時間帯や手続き方法次第では即日融資が可能です。

▼プロミス「フリーキャッシング」の基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・本人に安定した収入がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
・店頭窓口
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月30日現在

プロミスのフリーキャッシングは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のうちいずれかの口座を保有していて、社会保険証または組合保険証を持っている人はWeb完結での申込みが可能です。この場合、郵送物なしでカードローンを利用できます。

また、プロミスでは「瞬フリ」と呼ばれる振込キャッシングを利用して、24時間365日、土日や夜間でも、インターネットからいつでも借り入れの振込キャッシングの申込みができます。24時間振込可能な金融機関であれば、最短10秒程度で指定口座への振込が完了します。振込手数料も0円です。

申込みはパート・アルバイトによる安定収入があれば学生でも可能です。プロミスATMと三井住友銀行ATMなら、借り入れ、返済ともにATM手数料が無料になります。

プロミスの利用がはじめての場合は、30日間の無利息サービスが利用できます。無利息期間の終了する翌日から通常どおりの利息が発生しますが、期間内の利息はかからないためぜひ活用したいサービスです。

プロミスの無利息サービスを利用するには、「メールアドレスの登録」と「Web明細の利用」が必要です。事前に適用条件や詳細内容を、きちんと確認しておくようにしましょう。


アイフル「キャッシングローン」

アイフルキャッシングローンは、ネットからの申込後フリーダイヤルに電話すれば審査にかかる時間を短縮できるため、申込みをした時間帯によっては即日融資が可能です。

▼アイフル「キャッシングローン」の基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・定期的な収入と返済能力がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 800万円まで
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月30日現在

アイフルのカードローンはスマートフォンアプリを使った借り入れや返済にも対応しています。

スマートフォンアプリを利用して借り入れする際は、取引額に応じて提携ATMの手数料がかかりますが、カードレスでセブン銀行のATMが利用できるので、いざというときに便利です。アイフルの専用ATMや口座振込による借り入れの場合、手数料は一切かかりません。

アイフルのカードローン(無担保キャッシングローン)をはじめて利用する人は、30日間の無利息サービスが利用できます。ただし無利息期間の開始日は「利用日の翌日」ではなく「契約日の翌日」からスタートする点に注意してください。


アコムのカードローン

アコムのカードローンは審査完了まで最短30分とスピーディーです。新規申込は24時間365日可能で、土日祝日でも対応してもらえます。

ネットや電話での申込後に、店頭窓口や自動契約機(むじんくん)で契約すれば、即日融資が可能です。契約完了後、楽天銀行の口座であれば、24時間最短1分での振込みも可能となります。

▼アコムの基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・安定した収入と返済能力がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
・店頭窓口
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口

※2020年1月30日現在

アコムのカードローンは返済期日を「35日ごと」「毎月指定期日」の2つのサイクルから選ぶことができます。またうっかり返済を忘れしまわないように、口座自動引き落としも選択できます。ただし口座引き落としの場合、支払日は毎月6日に固定されます。

アコムのカードローンは20歳以上で安定した収入と返済能力があれば、学生でも申込可能です。アコムのカードローンを利用する際は、手数料が無料になるアコムATMでの手続きがおすすめです。

コンビニや駅前などの提携ATMから借り入れ・返済する際は、取引額に応じて手数料が発生します。ATM手数料が気になる人は、口座振込による借入方法を選択することで、余計な手数料の支払いを防ぐことができます。

アコムの無担保カードローンは、はじめての利用者なら30日間の無利息サービスが利用できます。少しでも返済総額を減らしたい人は、30日の無利息期間をうまく利用しましょう。


レイクALSAのカードローン

レイクALSAのカードローンは、PCやスマートフォンから24時間365日Web上で申込みができます。審査のお知らせ時間内であれば、最短15秒でそのまま審査結果が表示されるため、急いで融資を受けたい人には便利です。

また午後9時まで(日曜日は午後6時まで)に審査や書類確認などの手続きが完了すれば、最短60分で振り込みによる即日融資が受けられます。

▼レイクALSAの基本情報

利用条件 ・満20歳~70歳
・安定した収入がある人
・国内居住または日本の永住権がある
※パート、アルバイトも利用可
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~18.0%
借入方法 ・ATM
・口座振込
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月30日現在

レイクALSAは新生銀行カードローンATMが手数料無料で利用できます。初回利用者限定の無利息サービスも「30日間」「60日間」「180日間」と、3種類から選ぶことが可能です。「60日間」はWeb申込限定のため、利用したい場合は注意しましょう。

「180日間無利息サービス」は借入金額5万円までが無利息の対象です。5万円を超える金額を借りた場合、超過した借入分には通常の利息が適用されます。「ボーナスの支給日まで無利息にしたいから60日間を選ぶ」「少額を借りたいから180日間無利息にしよう」など、自分の状況に合わせて無利息サービスをうまく活用しましょう。

たとえば実質年率18.0%で30万円を借りて31回で返済する場合は、「60日間無利息」のコースがもっとも支払利息を抑えられます。「30日間」「60日間」「180日間」それぞれの支払利息の総額は、次のとおりです。

▼レイクALSAの無利息サービス比較

無利息期間 利息の総額
30日間 70,379円
60日間 63,862円
180日間(無利息の対象は5万円まで) 70,623円

レイクALSAの公式サイトで、無利息期間を含めた返済シミュレーションを行うことができます。自分にあった条件を検討する際に活用しましょう。

ここに記載したサービス比較を含め、カードローンの返済シミュレーションで算出される数値は「参考値」です。実際に返済する際の金額とは異なる場合がありますので、実際に借り入れるときはしっかり確認しましょう。


自分の状況に合わせて30万借りられるカードローンを選ぼう

カードローンで30万円借りるには、総量規制のルールから考えると年収90万円以上であることが最低条件です。借り入れができる場合でも、利率や返済期間によっては支払いの負担を大きく感じる可能性がありますので、申込み前にしっかりと返済シミュレーションを行いましょう。

仮に年収100万円で30万円を借り入れ、1年で返済しようとした場合、月収8.5万円の中から3万円程度返していかなければならないため、月々の返済負担額が大きく負担になります。

「低金利のカードローンを選ぶ」「無利息サービスを活用する」など、少しでも支払利息を抑えられる借り方をしっかり検討しましょう。

基本的には借入限度額が高ければ金利は下がり、借入限度額が低ければ金利は高くなります。そのため30万円借りる場合は、最高金利が適用される可能性が高いです。金利を比較する場合は、各カードローン会社の最高金利に着目しましょう。

金利によって支払利息は大きく変わりますが、それ以上に支払期間の長さが大きく影響します。約定返済の金額を少なく設定すると月々の支払いの負担は小さくなるものの、支払期間が長期に渡ることで支払利息がかさみ、返済総額が膨らみます。

繰り上げ返済や一括返済を視野に入れて、できるだけ早い完済をめざし返済総額を抑えましょう。借り入れの際は借りすぎに注意し、無理のない返済計画を立てて利用してください。

※記載の情報は2020年1月現在のものです。最新の内容をご確認ください。

提供元:a-works

※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る