IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カードローン初めての人必見! 4つの特徴とおすすめ紹介

初めての人必見! カードローン4つの特徴

「カードローンの利用を検討しているが、仕組みがよく分からない」「どのカードローンを利用すればよいか分からない」「金利が膨らんで返済できなくなるのでは...」など、カードローンを利用したことがない人にとって、初めての借り入れは不安が多いものではないでしょうか。


カードローンを利用したことがない人が悩んでしまうのは、どのように借り入れをして返済していくか、イメージできないことも要因にあると思います。


この記事では、カードローンの特徴や注意点、月々の支払いにかかわる返済方法など、カードローンを利用する前に知っておくべきポイント、カードローンの選び方を紹介します。


初めての利用を検討している人におすすめのカードローンも、あわせて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


なお、各制度やローンは調査時点の情報に基づいて紹介しています。申込時には必ず公式サイトで最新情報を確認してください。

そもそもカードローンとは? 4つの特徴

カードを手にもって見ている女性

出典元:shutterstock

カードローンの利用が初めての場合、そもそもカードローンでお金を借りること自体に不安を感じる人もいるでしょう。そのような人のために、まずはカードローンの基本を紹介します。カードローンを初めて利用する人が知っておくべき大きな特徴は、次の4つです。

<カードローンの特徴>

  • 消費者金融カードローンと銀行カードローンがある
  • 無担保で借りられる
  • 借りたお金の用途は自由
  • 利用限度額の範囲内なら何度でも借りられる

カードローンを利用する目的や借入金額をイメージしながら、ひとつずつ確認していきましょう。


消費者金融カードローンと銀行カードローンがある

カードローンには大きく分けて、「消費者金融カードローン」と「銀行カードローン」の2種類があります。大きな違いは「金利」と「審査にかかる時間」です。一般的に消費者金融は「審査時間は短いが金利が高い」、銀行は「金利が低いが審査時間は長い」傾向があります。

金利で比較した場合、消費者金融は平均がおよそ3.5%~18.0%、銀行は2.5%~15.0%です。金利重視で選ぶ場合は、銀行カードローンがおすすめです。

審査にかかる時間で比較した場合、消費者金融カードローンは最短で即日融資が可能ですが、銀行カードローンは最短でも申込みから融資まで1日以上かかります。どうしても急いで借り入れする必要がある場合は、消費者金融カードローンでの借り入れが適しています。


カードローンは無担保で借りられる

カードローンを利用すれば、担保や保証人なしでお金を借りることができます。住宅ローンなどの担保が必要なローンと異なり、不動産や有価証券といった資産を持っていない人でも、審査にとおれば借り入れが可能です。あらかじめ担保を用意する必要がないため、突然お金が必要になったときもすぐに借り入れを申し込むことができます。

保証人も必要ないため、家族や友人に保証人を頼めないときや、借金していることを周りに知られたくないときにもカードローンは適しています。


借りたお金の用途は自由

ローンの中には、借り入れたお金の使いみちが決められているものがあります。たとえば住宅ローンであれば、「住宅の購入資金や新築資金といった住宅購入にまつわる用途」に限られています。その他、自動車購入のためのマイカーローンなどがあり、利用用途が限られているローンを「目的別ローン」といいます。

目的別ローンとは異なり、カードローンは使いみちが原則自由です。借り入れたお金は目的を問わず、自由に使うことができます。冠婚葬礼などの急な出費や、資格取得のための費用、給料日までの生活費に充てるなど、人によって用途はさまざまです。


利用限度額の範囲内なら何度でも借りられる

カードローンは、契約時の審査によって決められた利用限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れることができます。一度にまとめて返済する必要はなく、毎月少額ずつ返済していくことも可能です。ボーナスが入った月に多めに返済し、返済期間を短くすることもできます。

借り入れや返済の方法は、店頭窓口の他、コンビニのATMやインターネット振込などに対応しているカードローン会社が一般的です。こういった利便性の高さは、カードローンのメリットです。


カードローン利用前に知っておくべき3つのこと

辞書のような厚い本

出典元:shutterstock

初めてカードローンを申し込む場合、最低限知っておくべき知識が3つあります。

  • 1. 支払利息について
  • 2. 借り入れられる上限金額について
  • 3. 他のローン審査への影響

いずれも借り入れ前に知っておくべき知識です。ひとつずつ内容を解説します。


1.支払利息について

カードローンの利用が初めての場合、「いくら借りたらどれだけの利息が発生するのか」という不安もあるのではないでしょうか。返済が完了するまで計画的に利用するためにも、支払利息は事前に確認しておきましょう。支払利息の計算式は、以下のとおりです。

カードローンの利息の計算方法
借入残高(元金)×利率÷365日×借入日数=支払利息

※「借入日数」は、借入当日は除く
※うるう年の場合、1年は366日になるため、「365」は「366」で計算

たとえば、10万円を年利15.0%で30日間借り入れた場合の計算は、下記になります。

10万円×15.0%÷365日×30日=1,232.8767...

1円以下の端数は切り捨てとなりますので、支払利息は「1,232円」です。借入先、カードローンの種類により金利は異なりますので実際の支払利息は上下しますが、およその金額は事前に確認しておきましょう。

加えて大切なことですが、「借り入れた金額」に「借入日数をかける」ため、借入日数が長くなれば、支払総額が大きくなります。支払総額が増えるということは、返済の負担も大きくなるということです。可能な限り返済は先延ばしにせず、支払利息を減らすことも意識しましょう。

金利は「利息制限法」により借入金額に応じて上限が決められています。10万円未満は年20.0%、10万円以上100万円未満は年18.0%、100万円以上は年15.0%が上限になります。これを超える金利で貸し付けている業者は違法業者ですので、絶対に利用しないようにしましょう。

また使用用途が決まっている場合は、カードローンと比較して金利が低い目的ローンの利用を検討しましょう。金利が低ければ、同じ期間の借り入れでも支払利息が低くなるため返済の負担を減らすことができます。

学費に関わる資金をサポートしてくれる「教育ローン」、自動車購入や免許取得に利用できる「マイカーローン」の他に、家具の購入やレジャー、結婚費用などに使える目的別ローンもあります。使用目的が決まっている場合は、各社の目的別ローンを調べてみることをおすすめします。


2.借り入れできる上限金額について

借り入れできる金額の上限は、以下の2つによって決まります。

  • 審査
  • 総量規制(消費者金融カードローンで借りる場合)

「審査」は、各銀行や消費者金融など、ローンの借り入れ先が独自の基準で申込者を審査します。「総量規制」は、消費者金融や信販会社などの貸金業者が提供するカードローンでの借り入れでかかわってきます。

「総量規制」は貸金業者の過度な貸し付けを防ぐために、貸金業法で定められた法律です。この法律により「貸金業者からの借り入れは、原則として利用者の年収の3分の1まで」という制約があります。もし複数社から借り入れている場合は、その合計金額が年収の3分の1に収まっている必要があります。

たとえば年収が300万円の人の上限は最大100万円までになります。ただし、これは法律上の借入可能な上限ですので、カードローン会社の審査によって50万円を上限とされる場合もあります。必ずしも、総量規制の最大まで借り入れができるわけではないことも覚えておきましょう。


3.他のローン審査への影響

たとえば住宅ローンの審査時に、カードローンの利用は影響するのでしょうか。

結論から言ってしまえば影響します。ただし、その影響の度合いがどれくらいかは住宅ローンを提供している銀行各社によって異なるため、明確な答えはありません。

一般的に住宅ローンの審査では、申込者の年収と返済負担率が見られます。返済負担率とは年収に対する年間の返済額の割合で、収入の何%を借金の返済に充てているかという割合です。当然ですが、カードローンの返済額も含めて計算されます。この割合が高いほど、返済の負担が重い、つまり金融機関からみると「延滞のリスクが高い」と判断されやすくなるため、審査にとおらない可能性が高くなるのです。

たとえば「フラット35」という固定金利の住宅ローンでは、利用条件として返済負担率の基準が明確に決められています。年収に占める年間の合計返済額(フラット35を含めたすべての借り入れの年間返済額)の割合が、年収400万円未満なら30%以下、400万円以上なら35%以下でないと、借り入れができません。

通常のカードローンに加えて目的別ローンの借り入れも検討する場合は、事前に無理のない支払計画での借り入れか、総合的に検討することが大切です。


初めてのカードローンの選び方

カードローンを初めて利用する場合、「何を基準に選べばよいか」を紹介します。事前にしっかり確認しておきたいポイントは、以下の3つです。

  • 金利の低さ
  • 融資スピード
  • 返済、借り入れのしやすさ

また上記に加え、「在籍確認」については気になる人も多いかと思いますので、あわせて紹介します。


金利の低さ

お金を借りるにあたって、「金利」は必ずチェックしましょう。無理のない返済をしていくためにも、重要視したいポイントです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンで比べた場合、銀行カードローンの方が低い金利で設定されています。銀行カードローンの金利は2.5%~15.0%、消費者金融は3.5%~18.0%が一般的な相場です。

ただし、消費者金融カードローンには多くの場合、「無利息サービス」というサービスが設定されています。これは主に借り入れが初めての人を対象に「一定期間金利をゼロにする」「支払利息が発生しない」というものです。

消費者金融カードローンは通常金利が高いものの、初めて利用する人が短期間の借り入れをする場合は、無利息期間を有効活用することで支払利息を抑えることも可能です。ただし、定められた期間が過ぎれば通常の金利が適用されるため、返済が長引くことがないよう注意する必要があります。


融資スピード

カードローンの利用を検討している人の中には、急いでお金を借りたい人もいるでしょう。

消費者金融カードローンは、最短で即日融資を受けられる(申し込んだその日にお金を借りられる)場合があります。銀行カードローンは審査の結果が出るまでに時間がかかってしまうため、最短でも翌日の融資です。借り入れまでの時間の短さを最優先する場合は、消費者カードローンを検討しましょう。


借り入れ・返済はしやすいか

借り入れや返済のしやすさを見る基準として、提携ATMや無人機がどれくらいあるか、どこにあるか、といったことがあげられます。数が少なくても、自宅や職場など自分がよく訪れる場所の近くに提携ATMがあれば利便性は高くなります。

また、Web上で申込みが完結するものであれば、スマートフォンだけで借り入れや返済ができるため便利です。


家族や職場の人に知られずに借りられるか

お金を借りていることを周りの人に知られたくない、という人は多いのではないでしょうか。そのような人にとって、これから紹介する「在籍確認」と「郵送物」はチェックしておきたいポイントです。

カードローンの申込時に申告する勤務先について、カードローン会社は審査時に本当にその会社に勤めているかどうかを確認します。これが「在籍確認」というもので、カードローン会社の担当者が勤務先に電話をして確認するのが一般的です。カードローン会社によっては「電話連絡なし」「在籍確認の相談に乗ってくれる」などの対応をするところもあるので、「同僚や上司にバレないか心配」という人は、在籍確認で配慮してくれるカードローン会社を検討してみてください。

また家族に伝えず借り入れ手続きを進めようと思っていても、カードローン会社から自宅に届く郵送物があると、家族に知られてしまう可能性もあります。このような心配がある人は、申込みから借り入れまでWeb上で完結できるカードローンを選択することで、郵送物から家族に知られてしまうリスクを少なくできるでしょう。


初めての人におすすめのカードローン

手に持ったカードを指さし笑う女性

出典元:shutterstock

ここでは、独自基準で選んだ、カードローンを初めて利用する人におすすめの5社を紹介します。初めて利用する人は利息の優遇を受けやすいという点から、特に無利息サービスがあるカードローンを中心に選んでいます。

  • アイフル「キャッシングローン」
  • プロミス「フリーキャッシング」
  • レイクALSA
  • SMBCモビット
  • 楽天銀行スーパーローン

それぞれの基本情報や特徴を見ていきましょう。


アイフル「キャッシングローン」

初めてアイフルを使う人は、最大30日間の無利息サービスを受けられます。無利息期間は、カードローン契約日の翌日からスタートします。無利息期間後には通常の利息が適用されるため注意しましょう。

▼アイフル「キャッシングローン」の基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・定期的な収入と返済能力がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 800万円まで
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月30日現在

▼アイフル「最大30日間利息0円」

無利息期間 内容・条件
30日間 <内容>
初回契約の翌日から最大30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・初めてアイフルを利用する
・無担保キャッシングローンを利用する

※2020年1月30日現在

アイフルは、インターネットで24時間365日、PCやスマートフォンから好きなタイミングで申込みが可能です。審査時間は最短30分で、結果は電話もしくはメールで連絡されます。

審査通過後、書類やローンカードは、自宅への郵送または店頭窓口で受け取ります。家族にカードローンの利用を知られたくない人は、Webサイトから申し込む際に、「カードレス」と「口座振替」を選択しましょう。カードは後日発行も可能です。

また、女性専用ダイヤルが設けられていますので、女性でも安心して申込みや相談がしやすくなっています。


プロミス「フリーキャッシング」

プロミスで無利息サービスを利用するには、初めての契約であることに加えて、メールアドレスの登録をした上で、「Web明細」を選択する必要があります。

▼プロミス「フリーキャッシング」の基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・本人に安定した収入がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
・店頭窓口
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月30日現在

▼プロミス 「30日間無利息サービス」

無利息期間 内容・条件
30日間 <内容>
初回借り入れの翌日から30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・初めてプロミスを利用する
・メールアドレスを登録する
・Web明細を利用する

※2020年1月30日現在

プロミス「フリーキャッシング」の無利息期間は、「初回利用日の翌日から30日間」です。無利息期間が契約日の翌日からスタートするアイフルとは違い、プロミスは借入日の翌日から無利息期間がはじまります。そのため、契約後すぐに借り入れの予定がない場合は、自分の借り入れタイミングにあわせて30日間無利息で借り入れをすることが可能です。

申込みはWeb上で完結できる「Web完結申込み」がおすすめです。審査結果はメールか電話、どちらか希望した方で連絡があります。カードなしで借り入れができ、自宅への郵送物もありません。ただし、一部金融機関ではWeb完結での申込みに対応していませんので注意してください。

また、プロミスが提供している「瞬フリ」という振込キャッシングサービスを利用することにより、24時間365日、夜間・土日でも借り入れの申し込みができます。申込完了後、24時間振込可能な口座を指定していれば、最短10秒で振り込みが完了し、借り入れできます。


レイクALSA

レイクALSAは「30日間」「60日間」「180日間」の3種類の無利息サービスを提供しています。

いずれの期間も初めての利用が条件になり、60日間無利息はWeb申込み限定です。自動契約機や電話から申し込む場合は、30日か180日から選択できます。

▼レイクALSAの基本情報

利用条件 ・満20歳~70歳
・安定した収入がある人
・国内居住または日本の永住権がある人
※パート、アルバイトも利用可
限度額 1万円~500万円まで
金利 4.5%~18.0%
借入方法 ・ATM
・口座振込
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月30日現在

▼レイクALSAの無利息サービス

無利息期間 内容・条件
60日間 <内容>
初回契約の翌日から60日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・初めてレイクALSAを利用する人
・Web上から申込みをする
・限度額:1万円~200万円
180日間 <内容>
借入額のうち5万円まで、初回契約の翌日から180日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・初めてレイクALSAを利用する人
・限度額:1万円~200万円
30日間 <内容>
初回契約の翌日から30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・初めてレイクALSAを利用する人
・限度額:1万円~500万円

※2020年1月30日現在

180日無利息を選べば長期にわたって無利息で利用できますが、無利息となるのは借入額のうち5万円までです。5万円を超えた借入額には、通常の利息が適用されます。

初めての利用でも、上記3種類の無利息サービスは併用できません。30日、60日、180日から、借入額などの条件から自分に合ったサービスを選びましょう。


SMBCモビット

SMBCモビットには、無利息サービスはありませんが、Web完結の申込みであれば電話連絡がありません。誰にも知られずに借り入れをしたい人には向いています。

▼SMBCモビットの基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・安定した収入がある人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 1万円~800万円まで
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・口座自動引き落とし
・口座振込
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月30日現在

Web完結申込みの条件

次の条件(1)(2)をすべて満たす場合

(1)次のいずれかの口座を所有している

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行

(2)全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を所有している

Web完結であれば、電話連絡がありません。また、カードレスを選択すれば、完全に郵送物をなくすこともできます。そのため、借り入れをしていることを周りに知られる可能性は低くできます。

Web申込みでは、必要書類をメールやスマートフォンから画像データで送付できるため、利便性も高いです。

また、Web申込後にコールセンターに連絡をすることで、審査を優先してもらえます。最短30分で審査開始を受けることができるため、急いでいる場合は連絡をしましょう。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

利用限度額も800万円と、消費者金融カードローンとしてはかなり高額ですので、大きな金額を借り入れたい人にもおすすめです(総量規制内での借り入れになります)。

無利息期間がないため、支払利息のことを考えると初回の借り入れでは他サービスの利用がおすすめですが、周りの人に知られにくいことを優先したい場合はSMBCモビットを検討してみてください。


楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの無利息期間は、「初めての借り入れの翌日から30日間」です。対象は初めて楽天銀行スーパーローンを利用する人になります。

▼楽天銀行スーパーローンの基本情報

利用条件 ・満20歳~62歳
・安定した定期収入がある人または専業主婦
・日本国内に居住している人
(外国籍の場合は永住権または特別永住権が必要)
※パート、アルバイト、専業主婦の場合は60歳以下
※学生でも毎月安定した定期収入があれば申込可
限度額 800万円(10万円単位)まで
※専業主婦の場合、最高でも50万円まで
金利 1.9%~14.5%
※MYONEネット特約会員の場合は0.4%引き下げ(ただし現在は特約会員の申込不可)
借入方法 ・提携CD、ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・インターネット(ペイジー)
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月30日現在

▼楽天銀行スーパーローン 「30日間利息0円」

無利息期間 内容・条件
30日間 <内容>
初回借り入れの翌日から30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・楽天銀行口座の新規開設と楽天銀行スーパーローンを同時に申込み、成約すること
・楽天銀行スーパーローンの返済口座を楽天銀行口座に指定すること

※2020年1月30日現在

すでに楽天銀行スーパーローンを利用している人や楽天銀行の口座を持っている人は、無利息サービスの対象外です。

無利息サービスを利用しないのであれば、楽天銀行の口座を開設しなくてもカードローン自体は利用できます。その場合、普段利用している楽天銀行以外の口座を月々の引き落とし先として指定することも可能です(口座振替に指定できない金融機関もあります)。

銀行カードローンは、その銀行の口座があることを条件にしていることが多いため、口座開設をしなくてもよいのはメリットです。

ただし、楽天銀行スーパーローンを利用するなら、やはり口座も楽天銀行を利用するのがおすすめです。借り入れの際、振込先が楽天銀行口座なら24時間振込が可能になり、返済日も1日・12日・20日・27日から好きな日を選択できます。さらに楽天銀行口座を利用すれば、楽天スーパーポイントも獲得できます。楽天をよく使う人は検討してみてください。


自分の使い方に合ったカードローンを選ぼう

カードローンは無担保でお金を借りられるサービスです。利用方法や商品の選び方を知っておけば、もしものときに心強いでしょう。

ただし利用しやすい反面、借りすぎには注意が必要です。総量規制や利用限度額の制限によって借り入れできる金額には上限がありますが、それ以前に借りる本人が無理なく返済できる金額を見極める必要があります。

自分に合ったカードローンは人それぞれです。無利息期間があるカードローンを選ぶ人、手数料無料のATMが多いカードローンを選ぶ人など、重視するポイントを明確にして選びましょう。申込前には無理のない返済計画を立て、借入後は計画どおりの返済をしましょう。

※記載の情報は2020年1月現在のものです。最新の内容をご確認ください。

提供元:a-works

※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る