IDでもっと便利に新規取得

ログイン

すぐ借り入れできるのは? 低金利なのは? カードローン最新ランキング

スタートを構える人

出典元:shutterstock

急にお金が必要になったとき「できるだけ低金利で借りたいけど、どこで借りればいいのだろう」と考える人もいるのではないでしょうか。カードローンは利用目的に制限がなく、利用限度額内であれば何度でも借り入れが可能な利便性の高いお金の借り方です。最短で即日融資が可能なものや、金利優遇・無利息サービスといった返済額を抑えられるサービスがあるなど、状況に合わせて使い分けができます。

とはいえ「返済計画は無理なく組みたい」「カードローン会社が多くて選べない」と人それぞれで悩みはあると思います。そこでこの記事では、「融資スピード」「金利」「その他サービス」などを比較して、個人的なおすすめランキングとして紹介します。

このランキングはあくまでも個人としての主観に基づいており、目安となるものです。実際には借入希望額や住んでいる地域、ウェブ環境の有無、普段利用している金融機関など、一人ひとりの状況によっておすすめ度は異なるため参考として利用してください。

なお、各制度やローンは調査時点の情報に基づいて紹介しています。申込時には必ず公式サイトで最新情報を確認してください。

【急いで借りたい】融資までが早いカードローンランキング

たくさんの金融機関がカードローンを提供していますが、大きく「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3種類に分けられます。取り扱う機関により、融資までの期間、金利、その他受けられるサービスなどに違いがあります。

消費者金融のカードローンは、銀行や信販会社のカードローンと比較すると審査の時間が短く、融資までの期間が短いことが特徴です。さらに各消費者金融の中でも、融資までの期間に違いがあります。

ここでは審査時間や借り入れ方法などを基準に、融資までのスピードを考察してランキングを作成しています。順位だけにとらわれず、各カードローンの特徴から「自分が一番スムーズに借りられるもの」を選ぶようにしましょう。状況に合った申込方法・借入方法を選択するのがおすすめです。

また申込んだ時間や曜日、金融機関やATMによっては借り入れが遅れる場合がありますので注意してください。

<融資スピードが早いカードローンランキング>

1.プロミス
2.レイクALSA
3.アコム
4.アイフル

それでは各カードローンの詳細について、確認しましょう。


振込融資の利便性が高いプロミス「フリーキャッシング」

プロミス「フリーキャッシング」はカードレス(カード郵送なし)で利用できるため、申込みから借り入れまですべてウェブ上で完結できます。審査完了後、借り入れの申込みから最短10秒で融資を受けられる「瞬フリ」というサービスもあり、「できるだけ早く融資を受けたい」という人におすすめしたいカードローンです。

申込みから借り入れまでの最短ルートは次の通りです。

プロミス「フリーキャッシング」で借り入れる最短ルート

1.ウェブサイトで申し込む
2.審査通過後、ウェブサイトで契約手続きをする
3.ウェブサイトより「瞬フリ(振込キャッシング)」で借り入れ手続きをする
※瞬フリ申込みの前に、振込先口座を登録する必要があります

ウェブ上で契約手続きが完了したあとは「瞬フリ(振込キャッシング)」を利用すると最短10秒で振込融資を受けることができ、24時間365日、土日・夜間も借入手続きが可能です。

ただし振込に指定する金融機関によって振込実施の対応時間が異なります。利用している金融口座が、24時間振込可能か確認しておきましょう。


審査最短15秒! レイクALSAはウェブ利用が便利

レイクALSAは、ウェブで申し込めば最短15秒で審査結果が表示されます。「利用できるかどうかだけでもすぐに知りたい」という人にもおすすめのカードローンです。状況にもよりますが、申込みから借り入れまで最短60分で完了できます。

申込みから借り入れまでの最短ルートは、次のとおりです。

レイクALSAで借り入れる最短ルート

1.ウェブサイト上で申し込む
2.審査通過後、ウェブで契約手続きをする
3.公式アプリ「e-アルサ」で借入手続きをする
4.セブン銀行ATM「スマホATM取引」で借り入れる

即日融資を受けるには、審査や必要書類の確認を含め午後9時(日曜日は午後6時)までに契約手続きを完了させる必要があります。またセブン銀行ATMの「スマホATM取引」は、次のように利用時間が決まっています。

▼セブン銀行ATM「スマホATM取引」の利用時間

月曜日 午前5時~午後11時50分
火曜日・水曜日 午前0時15分~午後11時50分
木曜日 午前1時30分~午後11時50分
金曜日・土曜日・日曜日 午前0時15分~午後11時50分

※第3日曜日は、午前0時15分~午後8時
※メンテナンス時間を除く

時間外の対応はできませんので、急ぐ場合はATMの利用時間も把握しておきましょう。


アコムはウェブ申込み後の店頭契約で時間を短縮

アコムはウェブサイトで事前審査に申し込めば、最短30分で審査結果が分かります。店頭契約すればその場でカードが発行され、ATMで24時間365日借入可能です。

アコムでなるべく早く借り入れをしたいなら、次のいずれかの方法がおすすめです(ただし最短の方法でも、時間や曜日によっては翌日以降の融資となる場合があります)。

アコムで借り入れる最短ルート

(1)ウェブ上で申込み・契約を行い、口座振込での借り入れを行う

インターネットで契約した場合、カードの受け取り方法は郵送または店頭受け取り(店舗・自動契約機)のいずれかになります。店頭での受け取りをする場合は、契約完了のお知らせメールが届いてから5日以内に取りに行きましょう。

カードが手元に届くより早くお金を借りたい場合は、口座振込での融資も可能です。契約が完了した時間帯や金融機関の振込実施時間によっては、即日融資を受けることができます。

(2)インターネットで申し込んでから、店頭または自動契約機で契約する

店舗・自動契約機(むじんくん)で契約を行う場合、前もってウェブサイトから申込みをしておけば手続き時間を短縮できます。

カードはその場で受け取れますので、すぐにATMで借り入れできます。アコムの専用ATMなら利用手数料は無料です。店舗窓口と自動契約機の受付時間は、次のとおりです。

受付方法受付時間

受付方法 受付時間
店舗窓口※ 午前9時30分~午後6時
(土日祝は休業)
自動契約機
(むじんくん)
午前8時~午後10時
(年末年始は不可)

※店舗によって営業時間が異なる


アイフルはウェブ申込後の電話で審査優先

アイフル「キャッシングローン」は、ウェブサイトからの申込後に専用のフリーコールへ連絡することにより、優先して審査を受けられるサービスがあります(審査最短30分)。専用フリーコールの受付時間は、午前9時から午後9時です。

審査結果が分かり次第、ウェブサイトまたは店舗・自動契約機で契約手続きを行えます。

アイフル「キャッシングローン」で借り入れる最短ルート

できるだけ早く借り入れをしたい場合は、ウェブ完結で手続きするのがおすすめです。カードを発行しなくても、公式スマートフォンアプリを使えばセブン銀行ATMで借り入れできます。ウェブや電話で振込予約での借り入れを申し込むことも可能なので、一番スムーズな方法を選んでください。

専用フリーコールの電話番号など詳細は、アイフル公式サイト「ご融資をお急ぎの方」を確認してください。


【支払総額を抑えたい】通常金利が低いカードローンランキング

カードとカード入れをもってokをしている人

出典元:shutterstock

カードローンにおける金利とは、貸付元の金融機関に対して支払う手数料の割合のことです。この割合と借入額によって、実際の手数料(利息)は次のように決まります。

カードローンの利息の計算方法
利息=借入残高(元金)✕金利÷365日✕借入日数
※うるう年は「366日」で計算します。

たとえば金利18.0%で10万円借り、30日間で返済した場合の利息は1,479円です。

金利の低さでカードローンを選ぶなら、銀行カードローンがおすすめです。消費者金融カードローンよりも、金利が低めに設定されているものが多くあります。

中でも、次の3社は特に金利が低めです。

通常金利が低い、銀行カードローンランキング

1.三菱UFJ銀行「バンクイック」
2.楽天銀行スーパーローン
3.みずほ銀行カードローン

ただし適用される金利は利用限度額(契約極度額)によって変わります。利用限度額が低い場合は、審査によって上限金利(金利幅の最大値)が適用される可能性が高いため、下限金利だけではなく、金利幅全体も確認しておきましょう。

カードローンによっては、利用限度額に応じた金利も確認できます。自分が希望する限度額(審査通過を見込める最大金額)の金利を事前に確認することも重要です。

それでは、各カードローンの詳細について紹介します。


三菱UFJ銀行「バンクイック」なら口座無しでも低金利で利用できる

三菱UFJ銀行「バンクイック」の金利は、年1.8%~14.6%です。銀行カードローンの中でも、金利が低めに設定されています。

利用限度額ごとの金利は、次のとおりです。

▼三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利

利用限度額 金利
400万円超~500万円 1.8%~6.1%
300万円超~400万円 6.1%~7.6%
200万円超~300万円 7.6%~10.6%
100万円超~200万円 10.6%~13.6%
10万円~100万円 13.6%~14.6%

※2020年1月21日現在

「バンクイック」は、三菱UFJ銀行の口座がなくても利用できるカードローンです。ウェブ完結で申込みもできます。店舗のテレビ窓口でカードを受け取れば、郵送物が自宅に届くことはありません。

借り入れはATMでも行え、三菱UFJ銀行口座を持っている場合は振込みでの融資も可能です。


楽天銀行スーパーローンは、楽天市場の会員ならさらにうれしい特典あり

楽天銀行スーパーローンの金利は、年1.9%~14.5%です。学生でも満20歳以上でパート・アルバイトをしていれば申し込めます。

利用限度額に応じた金利は、次のとおりです。

▼楽天銀行スーパーローンの金利

利用限度額 金利
800万円 1.9%~4.5%
600万円~800万円未満 3.0%~7.8%
500万円~600万円未満 4.5%~7.8%
350万円~500万円未満 4.9%~8.9%
300万円~350万円未満 4.9%~12.5%
200万円~300万円未満 6.9%~14.5%
100万円~200万円未満 9.6%~14.5%
10万円~100万円未満 14.5%

※2020年1月21日現在

ウェブ通販サイト「楽天市場」の会員IDを持っている人は、「入会特典によるポイント付与」や「会員ランクに応じた審査優遇」を受けられる場合があります。
※すべての人が優遇を受けられるとは限りません。

また楽天銀行の口座がない場合でも申込みは可能ですが、申込みと同時に口座を開設することもできます。楽天銀行口座があればよりスピーディーかつ365日いつでも借り入れができ、利便性が高くなります。


みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードで借入可能

みずほ銀行の金利は年2.0%~14.0%です。金利優遇の対象であれば年1.5%~13.5%で利用できます(金利優遇の条件や内容の詳細は後述)。利用限度額ごとの通常金利は、次のとおりです。

▼みずほ銀行カードローンの金利

利用限度額 金利(金利優遇なし)
800万円 2.0%
600万円~800万円未満 4.5%
500万円~600万円未満 5.0%
400万円~500万円未満 6.0%
300万円~400万円未満 7.0%
200万円~300万円未満 9.0%
100万円~200万円未満 12.0%
10万円~100万円未満 14.0%

※2020年1月21日現在

三菱UFJ銀行の「バンクイック」や楽天銀行スーパーローンと比べ、利用限度額ごとの適用金利が明確になっているため、申込み前でも返済額(利息額)の目安を試算しやすくなっています。実際の利用限度額は審査結果が出るまで分かりませんが、無理なく返済できそうか確認しておくといいでしょう。

ただし契約には、みずほ銀行の口座が必要です。口座がない場合は同時に申し込むか、口座を開設した後にカードローン申込みをする流れになりますので、注意してください。

みずほ銀行カードローンは、申込みから借り入れまですべてウェブ上で完結可能です。みずほ銀行のキャッシュカードで借り入れできるので、他人にカードローンだと気付かれにくく、また郵送物が自宅へ届くこともありません。カードローンの利用をあまり知られたくない人にも、おすすめです。


【最大1%優遇】金利優遇がお得なカードローンランキング

貯金箱と家のおもちゃを手のひらにのせる人

出典元:shutterstock

銀行カードローンには、住宅ローンや口座の利用状況に合わせて金利優遇を設けているところがあります。金利が低いほど返済額(利息額)を抑えられるため、金利優遇が適用されればよりお得にカードローンを利用できます。

金利優遇を設けている銀行カードローンは、次のとおりです。

▼金利優遇を設けている銀行カードローンランキング

1.りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」
2.三井住友銀行カードローン
3.みずほ銀行カードローン

詳しく見ていきましょう。


りそな銀行のカードローンなら、給与振込口座があれば金利優遇の対象

「りそなプレミアムカードローン」の通常金利は、3.5%~13.5%です。金利優遇を受けることができれば3.0%~13.0%で利用できます。具体的な利用条件は、次のとおりです。

▼りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」の金利優遇(利用条件)

次のいずれか、または両方に該当

・住宅ローンを利用中
※カードローンと同一口座
※インターネットバンキングの契約が必要
※独立行政法人住宅金融支援機構および、りそな住宅ローン【フラット35】のみの場合は不可


・りそな銀行で給与振込を利用している
※カードローンの利用口座で、すでに給与振込の取引がある場合のみ

※2020年1月21日現在

住宅ローンと給与振込を両方利用している場合も、どちらかのみを利用している場合も、金利は0.5%引き下げられます。

なお、りそな銀行の口座がなくてもカードローンの申込みは可能なのですが、契約の際にはりそな銀行の口座が必要になります。審査結果の通知後に開設手続きをすることもできます。


三井住友銀行カードローンの金利優遇は▲1.0%と他より大きい

三井住友銀行カードローンの通常金利は、4.0%~14.5%です。金利優遇を受けることができれば、3.0%~13.5%で利用できます。ただし対象は三井住友銀行で住宅ローンを利用している人のみです。

なお対象となる住宅ローンには一部除外商品があります。「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)直接融資のみ」または「長期固定金利型住宅ローン(機構買収型)<フラット35>のみ」の場合は、対象外です。利用している住宅ローンについて確認しておきましょう。


みずほ銀行で住宅ローン利用がある人は、金利優遇が使えないか確認を

みずほ銀行カードローンの通常金利は、2.0%〜14.0%です。金利優遇を受けることができれば、1.5%〜13.5%で利用できます。

みずほ銀行カードローンでも、金利特典(金利優遇)を受けるには「みずほ銀行の住宅ローンの利用」が条件です。

ただしフラット35を利用している場合は、店舗で申請を行い、みずほ銀行が住宅金融支援機構から利用者情報の提供を受けることを同意した場合に限ります。また住宅金融支援機構融資や一部提携住宅ローンなど、金利優遇の対象外となりますので注意してください。


【一定期間利息0円】無利息サービスがお得なカードローンランキング

0円をもってエプロンをしている人

出典元:shutterstock

消費者金融カードローンを使う場合は、無利息サービスが使えないか確認しましょう。無利息サービスを使えば、適用金利にかかわらず一定期間「利息0円」でカードローンを利用できます。

消費者金融カードローンの無利息サービスは、はじめてその会社のカードローンを利用する人が利用対象となるケースがほとんどです。

ここでは、無利息サービスがあるカードローンを紹介します。

無利息サービスがあるカードローンランキング

1.プロミス「フリーキャッシング」
2.レイクALSA
3.アコム
4.アイフル「キャッシングローン」

なお返済が延滞した、規約違反をしたなどの場合は、無利息サービスが適用されなくなります。カードローン会社ごとの契約内容や規約をよく確認し、申込前に無理のない返済計画を立てておきましょう。


プロミス「フリーキャッシング」なら、初回借入翌日から30日間無利息

プロミス以外の他カードローン会社の無利息サービスは、「初回契約の翌日」から期間設定されていることがあります。

プロミス「フリーキャッシング」の無利息期間は、初回借入日の翌日から30日間です。利用者が借り入れを行うまで無利息期間が開始しないため、いつ借りても特典を最大限活用できます。

無利息サービスを使うには、次の条件をすべて満たすことが必要です。

▼プロミス「30日間無利息サービス」の利用条件

無利息期間 内容・条件
30日間 <内容>
初回借入日の翌日から30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・はじめてプロミスを利用する
・メールアドレスを登録する
・ウェブ明細を利用する

※2020年1月21日現在

メールアドレス登録やウェブ明細を利用すれば、カードレスの契約となり、自宅へ郵送物が届きません。郵送物を家族が受け取る可能性を避けたい人は事前に登録しておきましょう。


利用方法に合わせて、3種類の無利息サービスから選べるレイクALSA

レイクALSAは利用方法に合わせて、次の3種類の無利息サービスが選べます。

▼レイクALSAの無利息サービス

無利息期間 内容・条件
60日間 <内容>
初回契約の翌日から60日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・はじめてレイクALSAを利用する
・ウェブ申込みをする
・契約額は1万円~200万円
180日間 <内容>
借入額のうち5万円まで、初回契約の翌日から180日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・はじめてレイクALSAを利用する
・契約額は1万円~200万円
30日間 <内容>
初回契約の翌日から30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・はじめてレイクALSAを利用する
・契約額は1万円~500万円

※2020年1月21日現在

180日間と長期間の無利息が設定されているのはレイクALSAの大きな特徴です。借り入れ額のうち5万円までに限られますが、期間内に完済すれば利息を1円も支払うことなくカードローンを利用することも可能です。

ウェブ申込みの場合のみという制限はあるものの、60日間の無利息サービスも利息を抑えたい人にとって、うれしいサービスです。

それぞれに契約額(利用限度額)や適用限度額の制限がありますので、条件をよく確認した上で、利用したい金額や状況に最適な無利息サービスを選んでください。


アコムの無利息サービスは、はじめてアコムを利用する人なら全員対象

アコムの無利息サービスは、条件が「はじめてアコムを利用する人が対象」とされているだけで、とてもシンプルです。サービスの詳細は次のとおりです。

▼アコム「30日間金利0円サービス」

無利息期間 内容・条件
30日間 <内容>
初回契約の翌日から30日間無利息

<条件>
はじめてアコムを利用する

※2020年1月21日現在

無利息サービスの開始が「初回契約の翌日から」となっているため、契約から借り入れまでに時間が空いた場合、無利息期間が短くなります。サービスを最大限活用するには契約後すぐに融資を受け、期間内になるべく多く返済しましょう。


アイフルにも無利息サービスあり! 契約後は早めの借り入れを

アイフルにも、最大30日間無利息のサービスがあります。具体的なサービス内容は、次のとおりです。

▼アイフル「最大30日間利息0円」

無利息期間 内容・条件
30日間 <内容>
初回借入日の翌日から30日間無利息

<条件>
次の条件をすべて満たす場合
・はじめてアイフルを利用する
・無担保キャッシングローンを利用する

※2020年1月21日現在

この無利息サービスは「キャッシングローン」の他、「SuLaLi(女性向け商品)」「ファーストプレミアムカードローン」などの無担保商品であれば利用できます。その他の商品(おまとめMAX・かりかえMAX・事業サポートプランなど)は対象外です。またアコムと同様、アイフルも初回契約の翌日から無利息期間がはじまります。契約後、早めに借り入れできれば無利息期間を長めに活用できます。


消費者金融カードローンの申込前に確認しておきたいこと

チェックシートにチェックをしている

出典元:shutterstock

ランキングで気になるカードローンはありましたか? 申し込む前に、カードローンの特徴や利用条件など詳細を確認しましょう。まずは、消費者金融カードローンの特徴から紹介します。

消費者金融カードローンの特徴

  • 最短で即日融資も可能
  • 総量規制の対象である
  • 金利が高めの傾向がある
  • 無利息サービスが充実している

消費者金融のカードローンは銀行に比べ審査が早く、最短即日融資が可能なものが多い特徴があります。

ただし消費者金融から借り入れする金額は、「総量規制」の対象となります。

総量規制とは、貸金業法で定められた借入金額の上限のことです。貸金業者から借り入れできる金額は「原則年収の3分の1まで」となっています。たとえば年収300万円の人が借りられる上限金額は100万円までとなり、複数のカードローン会社から借り入れる場合でも合計金額が100万円を超える借り入れはできません。

また銀行カードローンに比べると金利は高めに設定されています。返済シミュレーションや無利息サービスなどを使い、無理のない返済計画を立てましょう。

では、各社の利用条件など詳細を確認しましょう。


プロミス「フリーキャッシング」

プロミス「フリーキャッシング」は、本記事では「融資スピードランキング」「無利息サービスランキング」共に1位で紹介しています。

基本情報は、次の表を確認してください。

▼プロミス「フリーキャッシング」の基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・本人に安定した収入がある
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
・店頭窓口
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月21日現在


レイクALSA

レイクALSAの特徴は、最短15秒で審査結果を確認できることです。即日融資を受けたい人は、あわせて公式アプリ「e-アルサ」をダウンロードしておきましょう。

主な基本情報は、次のとおりです。

▼レイクALSAの基本情報

利用条件 ・満20歳~70歳
・安定した収入がある
・国内居住または日本の永住権がある
※パート、アルバイトも利用可
限度額 1万円~500万円
金利 4.5%~18.0%
借入方法 ・ATM
・口座振込
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月21日現在


アコム

アコムのカードローンをはじめて利用する人なら、最大30日間の無利息サービスが適用されます。融資までの時間を短縮したい場合は、ウェブ上での申込みがおすすめです。

申込前に、次の基本情報を確認しておきましょう。

▼アコムの基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・安定した収入と返済能力がある
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 1万円~800万円
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
・店頭窓口
返済方法 ・ATM
・インターネット(リアルタイム返済)
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口

※2020年1月21日現在


アイフル「キャッシングローン」

アイフル「キャッシングローン」で即日融資を受けたい場合は、ウェブ申込後に専用ダイヤルへ電話しましょう。審査を優先してもらえます。

事前に利用条件などは確認しておきましょう。

▼アイフル「キャッシングローン」の基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・定期的な収入と返済能力がある
※パート、アルバイト、自営業も利用可
限度額 800万円以内
金利 3.0%~18.0%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・口座自動引き落とし
・口座振込
・店頭窓口
・コンビニ(マルチメディア端末)

※2020年1月21日現在


銀行カードローンの申込前に確認しておきたいこと

3つのチェックの下で、手をあげる女性

出典元:shutterstock

銀行カードローンには、次のような特徴があります。

銀行カードローンの特徴

  • 金利が消費者金融より低めに設定されている
  • 総量規制の対象外である
  • 金利優遇を設けている場合がある

大きな特徴は、金利が低めであるということでしょう。金利優遇を設けているところも多いため、まずは普段利用している銀行のカードローンを調べてみるのもひとつの方法です。

また銀行のカードローンは、総量規制の対象外です。しかし、各銀行・信用金庫で独自に限度額を設けているところもあるため、銀行なら多く借りられるというわけではありません。

詳細は、各カードローンの公式サイトで確認しましょう。


三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行「バンクイック」は、銀行カードローンの中でも金利が低めに設定されています。

主な基本情報は、次のとおりです。

▼三菱UFJ銀行「バンクイック」の基本情報

利用条件 ・満20歳~64歳
・原則安定した収入がある
・国内に居住する個人(外国籍の場合、永住許可があれば利用可)
・保証会社(アコム株式会社)の保証が受けられる
※パート、アルバイト、自営業でも利用可
限度額 10万円~500万円
(10万円単位)
金利 1.8%~14.6%
借入方法 ・ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・インターネットバンキング
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月21日現在


楽天銀行スーパーローン

楽天市場の会員なら、楽天銀行スーパーローンも検討してみましょう。楽天会員ならではの特典を受けられる可能性があります。また専業主婦でも申し込みが可能です。

詳細は、次の表と公式サイトで確認しましょう。

▼楽天銀行スーパーローンの基本情報

利用条件 ・満20歳~62歳
・安定した定期収入がある人または専業主婦
・日本国内に居住
(外国籍の場合は永住権または特別永住権が必要)
※パート、アルバイト、専業主婦の場合は60歳以下
※学生でも毎月安定した定期収入があれば申込可
限度額 800万円(10万円単位)
※専業主婦の場合、最高でも50万円まで
金利 1.9%~14.5%
※MYONEネット特約会員の場合は0.4%引き下げ(ただし現在は特約会員の申込不可)
借入方法 ・提携CD、ATM
・インターネット(口座振込)
・電話(口座振込)
返済方法 ・ATM
・インターネット(ペイジー)
・口座自動引き落とし
・口座振込

※2020年1月21日現在


みずほ銀行カードローン

みずほ銀行の金利も年2.0%~14.0%と低めです。金利優遇を受けることができれば、金利がさらに0.5%引き下げられます。

ただし申込みには次の利用条件の他、みずほ銀行の口座が必要です。事前に口座を開設した上で申し込むと、借り入れまでがスムーズに進められます。

▼みずほ銀行カードローンの基本情報

利用条件 ・満20歳~65歳
・安定かつ継続した収入が見込める
・保証会社の保証を受けられる
・外国籍の場合、永住許可があれば利用可
限度額 10万円~800万円
金利 2.0%~14.0%
※住宅ローン利用で、0.5%の金利引き下げあり
借入方法 ・ATM
・自動融資
・みずほダイレクト(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)
返済方法 <約定返済>
・口座自動引き落とし
<任意返済>
・ATM
・みずほダイレクト(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)

※2020年1月21日現在


りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」

りそな銀行「プレミアムカードローン」は、カードローンを利用しているりそな銀行の口座で「給与振込の取引」があれば金利優遇の対象となります。

利用限度額ごとに適用金利が決まっているのも特徴のひとつです。

主な基本情報は、次の表を確認してください。

▼りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」の基本情報

利用条件 ・満20歳~65歳
・安定した収入がある
・保証会社(りそなカード株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社)の保証を受けられる人
※パート、アルバイト、自営業も利用可
※学生は利用不可
限度額 10万円~800万円
※満60歳以上は200万円まで
金利 3.5%~13.5%
※住宅ローンまたは給与振込の利用で、0.5%の金利引き下げあり
借入方法 ・ATM
・口座振込(マイゲート)
・自動融資
返済方法 <約定返済>
・口座自動引き落とし
<追加返済>
・ATM
・インターネットバンキング(専用サイトのみ)

※2020年1月21日現在


三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの金利優遇率が1%と、他の銀行よりも高めの設定がされています。詳細は、次の表のとおりです。

▼三井住友銀行カードローンの基本情報

利用条件 ・満20歳~69歳
・原則、安定した収入がある
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人
限度額 10万円~800万円(1万円単位)
金利 4.0%~14.5%
※住宅ローンの利用で金利引き下げあり
借入方法 ・ATM
・SMBCダイレクト(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)
・自動融資
返済方法 ・ATM
・口座自動引き落とし
・SMBCダイレクト(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)
・口座振込

※2020年1月21日現在


カードローンは項目別で比較しよう! 無理のない返済計画も忘れずに

はかりをもつ人

出典元:shutterstock

カードローンには、提供元、商品ごとにさまざまな特徴がありますが、種類が多いため自分に最適なものが判断しづらいのではないでしょうか。

特にはじめてカードローンを利用する場合は慎重に選びたいものです。「すぐに借りたい」「急いではいないので、なるべく金利が低いところを選びたい」など、個人の状況によっても選ぶべき商品は変わります。

最適なカードローンを選ぶには、金利やサービス内容など、あらゆる面で比較し情報を整理することが大切です。

この記事では「融資スピード」「通常金利」「金利優遇」「無利息サービス」の4つの項目で比較し紹介しました。

銀行カードローンの金利は低めですが、融資までは消費者金融カードローンのほうが早い傾向にあります。また金利優遇や無利息サービスが使えれば、よりお得にキャッシングすることも可能です。

事前にいくら借りたいのか、いつまでに必要なのかなどを考え、最適な借入先を選ぶようにしましょう。契約前には返済シミュレーションなどで返済期間・返済金額を確認し、無理のない返済計画を立て、借り過ぎにはくれぐれも注意して借り入れを検討してください。


※記載の情報は2020年1月現在のものです。最新の内容をご確認ください。

提供元:a-works

※本記事の情報は、各ローン会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、ヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る