広告ポリシー当サイトにはPRリンクが含まれます

PRリンクの利用状況

事業運営のため、商品紹介時のPRリンク(=「詳しく見る」ボタン)からお客様がお申込みされた場合、事業者様から成果報酬を頂いております。なお、PRリンク自体の有無や報酬の額が、当社が編集・制作したコンテンツの内容に影響を与えることはありません。

編集コンテンツの作成・運用状況

当サイトの編集コンテンツは、当社が独自に作成したものです(詳細は下記)。コンテンツ作成後にPRリンクを付与することもありますが、PRリンクによる報酬の有無がコンテンツの内容に影響を与えることはありません。

  • ・ランキング形式コンテンツ:取引手数料や取扱い銘柄数などの客観的指標をもとに順位を作成しているものであり、事業者様からの報酬の有無による順位変更は公開前・公開後問わず、一切行っておりません。
  • ・商品のクチコミや評価、お金の先生のQ&A:すべて当社が独自に収集した情報をもとに編集したコンテンツであり、選び方や基礎情報に関する記事は自社独自に作成した編集記事になります。
  • ・商品のクチコミやQ&Aの一部を掲載している場合:事業者様からの報酬の有無に関わらず社内の基準で選定を行っています。

「当サイトのおすすめ商品」の選定

当サイト内のおすすめ商品は、申込数・閲覧数などの上位から当社が選定して掲出しています。PRリンクの利用により成果報酬の対象となりますが、おすすめ商品の選定にあたり事業者様から報酬をいただくことはありません。

SBI証券の株の買い方は? 手順や注意点を初心者向けにわかりやすく解説

SBI証券の株の買い方は? 手順や注意点を初心者向けにわかりやすく解説

出典元:Getty Images

初心者には難しく感じられることもある、SBI証券での株の買い方。株取引をはじめたいと考えていながら、細かな手順がわからず、一歩踏み出せていない人もいるでしょう。
本記事では、SBI証券で株を購入する方法を徹底解説します。株を買う前にやっておくべきことや、購入時の注意点などもあわせて解説しているので、投資初心者は必見です。

ファイナンシャル・プランナー/伊藤亮太FP事務所代表

監修者伊藤亮太外部サイト

伊藤亮太FP事務所代表、スキラージャパン株式会社代表取締役。ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。

元銀行員/mybest 金融サービス情報コンテンツ担当

制作者大島凱斗

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

SBI証券で株を買うまでに必要な準備

SBI証券で株の取引を始めるには、証券口座の開設と口座への入金が必要です。まずは、SBI証券で株を買うまでに必要な準備を解説します。

準備1:SBI証券の口座を開設

準備1:SBI証券の口座を開設

出典元:Getty Images

SBI証券で株を買う際は、証券口座を開設してください。株をはじめとする投資商品は、各証券会社の証券口座を使って取引します。

まずは、SBI証券の公式サイトにアクセスし、メールアドレスを登録。登録したアドレスに届く認証コードを転記して、氏名や住所などの本人情報を入力します。非課税で投資できるNISA口座や、確定申告が不要になる特定口座を利用する場合は、同時に申込んでおきましょう。

各種規約を確認したら、口座開設方法を選択します。口座開設方法は「ネットで口座開設」と「郵送で口座開設」の2種類です。「ネットで口座開設」なら申込みがWebで完結し、最短翌営業日から取引できるのでおすすめ。

「ネットで口座開設」を選ぶと、申込み完了後にユーザーネームとログインパスワードが発行されます。SBI証券を利用する際に必要な情報なので、忘れずに保存しておきましょう。

次に口座開設状況の確認画面にログインし、本人確認を実施します。マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認書類を手元に用意しておくとスムーズです。

提出書類の審査が終わったら、メールで口座開設完了通知が届きます。メールに記載のURLから取引パスワード設定ページにアクセスし、取引パスワードを設定してください。最後にユーザーネームとログインパスワードでログインし、画面の指示に従って初期設定を済ませれば口座開設が完了です。

以下のページでは、SBI証券の口座開設の流れや開設時に必要な書類などを詳しく解説しています。これからSBI証券の口座を開設する人は、ぜひ参考にしてください。

SBI証券の口座開設方法の詳細を見る

準備2:SBI証券の口座に入金

準備2:SBI証券の口座に入金

出典元:Getty Images

口座開設が終わったら、証券口座に入金しましょう。SBI証券では基本的に証券口座の残高を利用して株を購入します。残高が足りないと株を購入できないので、あらかじめ入金を済ませておいてください。

SBI証券の入金方法は即時入金・SBIハイブリッド預金・リアルタイム入金・銀行振込入金・振替入金の5つです。なかでも即時入金とリアルタイム入金は、提携金融機関の口座からの入金が即座に完了し、手数料も無料です。

SBIハイブリッド預金は、住信SBIネット銀行の円預金口座を指します。SBIハイブリッド預金の残高は証券口座の残高へ自動振替されるため、手動で入金する手間が省け、手数料もかかりません

銀行振込入金では、各銀行の窓口やATMから入金します。反映まで1~2時間かかるうえに、振込手数料が必要です。ほかの入金方法が使えない場合に利用するとよいでしょう。

振替入金は、ゆうちょ銀行口座から入金する方法です。手数料は無料ですが、残高に反映されるまで4~5営業日かかります。急いでいるときは、即時入金やリアルタイム入金がおすすめです。

SBI証券で株を買う方法

SBI証券では、専用アプリもしくはPCサイトから株を取引できます。ここでは、SBI証券で株を買う方法をアプリとPCサイトにわけて見ていきましょう。

SBI証券アプリでの買い方

SBI証券の専用アプリであるSBI証券アプリを使えば、スマホひとつで手軽に株が購入できます。まずは、SBI証券アプリを利用する方法を詳しくチェックしていきましょう。

手順1:SBI証券アプリにログインする

手順1:SBI証券アプリにログインする

出典元:Getty Images

SBI証券アプリで株を購入するためには、まずアプリをインストールし、証券口座にログインする必要があります。AndroidならGoogle Play、iPhoneならApp Storeからアプリのインストールが可能です。

インストールが終わったらアプリを起動します。ログイン画面でユーザーネームとログインパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをタップすれば完了です。ログインボタン横の「自動ログイン」をオンにしておくと、次回以降は自動的にログインされます。毎回ログイン手続きする手間を省きたい人は、オンにしておきましょう。

ユーザーネームまたはログインパスワードを忘れた場合は、再発行・再設定が必要です。テクニカルサポートデスクに電話して、再発行を依頼しましょう。

  • テクニカルサポートデスク:0120-581-255(受付時間 年末年始を除く平日8:00~17:00)

※携帯電話の場合は0570-010-702

ログインパスワードのみわからない場合は、Webで再設定できます。SBI証券の専用ページにアクセスし、再設定手続きを進めてください。

手順2:購入する銘柄を探す

手順2:購入する銘柄を探す

出典元:Getty Images

SBI証券アプリにログインしたら、購入する銘柄を検索しましょう。株を購入する際は、各銘柄の詳細ページから買い注文を出す必要があります。

まずは、画面下のメニューにある「銘柄検索」をタップしてください。銘柄名か銘柄コード、またはキーワードを入力し「検索」をタップします。検索結果一覧から購入したい銘柄を選択し、詳細画面に移行してください。そのほか、一定数の株を保有しているともらえる株主優待や、決算スケジュールでの検索も可能です。

登録銘柄リストを作成して銘柄を登録しておけば、同じ銘柄を検索する手間が省けます。下部メニューの「登録銘柄」をタップし、画面上部の「登録銘柄>編集>作成」の順に進み、新規銘柄リストを作成してください。

新規作成した銘柄リストを開き、画面右上の編集アイコンを選択します。「新規銘柄登録」をタップし、気になる銘柄を検索してリストに追加しましょう。

手順3:買い注文を発注する

手順3:買い注文を発注する

出典元:Getty Images

購入する銘柄を見つけたら、買い注文を発注します。銘柄の詳細画面で「取引>現物買」の順にタップしてください。注文内容の入力画面に移行するので、注文種別・株数・価格などを入力します。

預り区分は、主に一般預りと特定預りの2つです。特定口座を開設している場合は、確定申告が原則不要になる特定預りを選びましょう。一般預りを選ぶと一般口座での取引となり、自分で確定申告を行わなければなりません。

注文種別は、複数の注文を同時に発注できるOCO・IFD・IFDOCOなども選択できますが、まずは「通常」のまま進めることをおすすめします。株数は原則100株単位で選択することも覚えておきましょう。

株の注文方法には、指値・成行・逆指値の3つがあります。

成行は価格を指定せず、その時点で最も有利な価格で売買する注文方法です。指値・逆指値では、購入する価格を指定します。指値は現在の株価より安い価格で買うときに、逆指値は現在の株価より高い価格で買いたいときに利用する方法です。素早く購入したいなら成行、希望価格で購入したいなら指値・逆指値を利用しましょう。

注文期間は当日中・今週中・期間指定から選択可能です。指定した期間中に取引が成立しなければ、注文は自動キャンセルされます。投資に慣れるまでは都度発注できるように、当日中を選択しておくとよいでしょう。

最後に取引パスワードを入力し、「発注」をタップすれば購入完了です。注文履歴や注文状況はアプリ内で確認できます。トップ画面の「注文照会」をタップし、注文の種類を「注文照会」「未約定一覧」「当日約定一覧」から選択してください。該当する注文の一覧が表示されるので、個別に選択すれば詳細が表示されます。

SBI証券のPCサイトでの買い方

SBI証券では、PCサイトからも株を取引できます。ここからは、SBI証券のPCサイトで株を購入する方法を見ていきましょう。

手順1:SBI証券のPCサイトにログインする

手順1:SBI証券のPCサイトにログインする

出典元:Getty Images

まずは、SBI証券のPCサイトにログインしてください。ユーザーネームとログインパスワードを入力し、「ログイン」をクリックしましょう。

ユーザーネームがわからないときは、先述のテクニカルサポートデスクに電話して再発行する必要があります。ログインパスワードのみわからない場合は、SBI証券の専用ページから再設定してください。

手順2:購入する銘柄を探す

手順2:購入する銘柄を探す

出典元:Getty Images

SBI証券のPCサイトにログインしたら、購入する銘柄を探しましょう。PCサイトで購入する場合も、各銘柄の詳細ページから買い注文を出します

まずは、トップページの「国内株式」をクリックしてください。銘柄検索窓に銘柄名や銘柄コードを入力し「検索」を押します

検索結果一覧が表示されるので購入したい銘柄を選択し、詳細画面へ移行してください。銘柄名や銘柄コードがわからない場合は、サービス名・ブランド名・業種・テーマなどでも銘柄検索ができます

手順3:買い注文を発注する

手順3:買い注文を発注する

出典元:Getty Images

購入する銘柄を決めたら、そのまま買い注文を発注しましょう。銘柄の詳細ページにある「現物買」をクリックし、画面の指示に従って株数・価格・期間・預り区分などを入力してください。

価格は、注文方法を指値・成行・逆指値の3つから選択します。希望の価格で購入したいなら指値・逆指値、価格を気にせず早く購入したいなら成行を選びましょう

株の預り区分は一般預りと特定預りの2つがありますが、一般預りだと確定申告が必要です。特定口座を開設している場合は、原則確定申告が不要になる特定預りを選択してください。

期間は「当日中」のままにしておくとよいでしょう。当日中に注文が成立しなかったときは、自動的に失効します。

最後に取引パスワードを入力し、「注文確認画面へ」をタップ。注文内容を確認し、問題がなければ「注文発注」を押して発注完了です。

PCサイトでは株の注文状況も確認できます。発注後に表示される画面で「注文照会」をクリックするか、トップ画面から「取引>国内株式>注文照会 取消・訂正」の順に進んでチェックしてください。

NISA口座で購入する場合は預り区分でNISAを選ぶ

NISA口座で購入する場合は預り区分でNISAを選ぶ

出典元:Getty Images

SBI証券のNISA口座で株を購入する場合は、買い注文時の預り区分でNISAを選択してください。

NISA口座を開設している場合、買付画面の預り区分に「NISA預り」と表示されます。NISA口座で購入する場合は「NISA預り」にチェックを入れたうえで発注してください。預り区分の選択以外の流れは、通常の株を購入するときと同じです。

NISAを利用する場合は、あらかじめSBI証券でNISA口座を開設しておく必要があります。通常の証券口座でNISAは利用できないことを覚えておきましょう。

単元未満株の購入方法は通常の株とほぼ同じ

単元未満株の購入方法は通常の株とほぼ同じ

出典元:Getty Images

SBI証券では、通常の株とほぼ同じ流れで単元未満株(S株)も購入できます。

単元未満株とは、1株から購入できる株式のこと。通常、株式は100株単位で購入しなければならないため、株価1,000円の株であれば最低でも「1,000円×100株=10万円」の資金が必要です。単元未満株であれば、少額からでも投資を始められる点がメリットといえるでしょう。

単元未満株を購入する場合はPCサイトにログイン後、「取引>国内株>単元未満株」の順にクリックしてください。銘柄コードで銘柄を検索し、株数などを入力すれば発注できます。

単元未満株で利用できる注文方法は「成行」のみで、選べる期間は「当日中」のみです。通常の株と違い、指値注文や「今週中」「期間指定」での注文ができないので注意しましょう。

SBI証券で株を買うときの注意点

SBI証券で株を購入する際は、約定した注文が取り消せない点と、場合によっては手数料がかかる点に注意してください。取引してから後悔しないためにも、それぞれの注意点をしっかりと確認しておきましょう。

約定した注文は取り消せない

約定した注文は取り消せない

出典元:Getty Images

株の買い注文が成立すると、あとから取消できない点に注意しましょう。株の取引が成立した状態を約定といいます。一度約定した注文は取り消せないので、指値価格や購入する株数は間違えないように入力してください。

約定前であれば、買い注文の取消や訂正が可能です。PCサイトの場合はログイン後、「取引>国内株式>注文照会 取消・訂正」の順に進み、取消の場合は「取消」を、訂正したい場合は「訂正」をクリックしてください。

SBI証券アプリの場合はログイン後、画面下の「注文照会」をタップし、取消または訂正したい銘柄を選びます。取消の場合は「注文取消」を、訂正したい場合は「注文訂正」をタップしましょう。

株数・注文期間・預り区分は訂正できません。一度注文を取り消したあと、再度買い注文を出してください。

手数料がかかることもある

手数料がかかることもある

出典元:Getty Images

株を購入する場合は、手数料がかかることもあります。SBI証券の手数料プランは、スタンダードプランとアクティブプランの2種類です。プランごとに手数料が決められています。

スタンダードプランは、1注文ごとの約定代金に応じて手数料がかかるプランです。約定代金が高くなるほど手数料も高くなります

【約定代金とスタンダードプランの手数料(税込)】

  • 5万円まで:55円
  • 10万円まで:99円
  • 20万円まで:115円
  • 50万円まで:275円
  • 100万円まで:535円
  • 150万円まで:640円
  • 3,000万円まで:1,013円
  • 3,000万円以上:1,070円

アクティブプランは取引回数に関係なく、1日の約定代金合計に対して手数料がかかります。1日の約定代金合計が100万円までなら手数料は0円です。200万円までなら1,238円、300万円までなら1,691円、以降は100万円ごとに295円ずつ増加します。

取引回数が多い人や100万円以上投資するならスタンダードプラン、少額取引がメインで1日100万円未満ならアクティブプランなど、取引方法に応じたプランを選択しましょう。

プランは初回ログイン時にどちらかを選択しますが、あとからでも変更できます。PCサイトにログイン後、「口座管理>お客さま情報 設定・変更>お取引関連・口座情報>国内株式手数料プラン」から手続きしてください。

SBI証券の手数料について詳しく知る

SBI証券を利用する前に基本情報やクチコミをチェック

SBI証券で株取引する際は、手数料や取引銘柄数などの基本情報も事前に理解しておく必要があります。実際に利用しているユーザーからの評価が気になっている人もいるでしょう。

以下のページでは、SBI証券の基本情報やクチコミをわかりやすくまとめています。SBI証券のサービス内容をより詳しく知りたい人は要チェックです。

SBI証券の詳細を見る

SBI証券以外も気になるならランキングを確認しよう

株を購入できる証券会社は、SBI証券以外にも数多く存在します。それぞれ取扱商品や手数料が異なるため、しっかりと比較検討したうえで口座の開設先を決めることが大切です。

以下のページでは、さまざまな証券会社をランキング形式で紹介しています。条件を指定して複数の証券会社を比較できるので、証券会社選びに悩んだときはぜひチェックしてみてください。

自分にぴったりの証券会社を探す

著者

大島凱斗

mybest

元銀行員として、法人顧客の経営支援・融資商品の提案、個人顧客の資産運用相談業務を担当。現在は日本最大級の商品比較サービスmybestにて金融・サービス商材の情報提供コンテンツを統括している。

※本記事の情報は、各証券会社の提供する個別の商品の内容等を保証するものではありません。また、情報の正確性等についても、これを保証するものではありません。本記事の情報を基に被った一切の損害について、LINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。本記事の情報を営業等に利用すること、第三者への提供目的等で利用すること等を固く禁止します。

記事一覧を見る